消える芸人、EXITがトップ 「第7世代」に世代の壁好きな芸人 嫌いな芸人 2020

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

 2020年版「これから1年で消えると思う芸人」の1位はEXIT。「ブレイクした芸人」で1位になったが、同時に「消える」もトップ。ほかにも「第7世代」の若手芸人が多数ランクインしており、ブレイクの反動ともいえる結果となった。

「―」は昨年20位圏外

日経エンタテインメント!では、20年で17回目となるお笑い芸人の人気調査を実施。全国の男女1284人を対象に「一番好きなお笑い芸人」「一番嫌いなお笑い芸人」「この1年で最もブレイクしたと思うお笑い芸人」「これから1年で消えると思うお笑い芸人」の4項目で人気度を調査した(調査の詳細は「好きな芸人、サンドウィッチマン3連覇 3位劇団ひとり」をご覧ください)。

1位はEXIT。例年「ブレイク」で上位に入ると同時に「消える」の上位にもランクインする芸人がいるが、EXITもそのパターン。「第7世代といわれるお笑い芸人の面白さがさっぱり分からない」(45歳女性)という意見に代表されるように、フレッシュな感性によるネタは、世代の厚い壁があるようだ。

2位は「嫌い」でも6位だった木下隆行。理由は「キャラクターが悪くなっているから」(64%)がトップで、後輩芸人へのパワハラ報道の影響がここではもっと大きく表れた。男性票が女性票の1.4倍で、なかでも35歳以上の男性では1位。現在はYouTubeに力を入れている彼だが、受け入れる側の目はなかなか厳しい。

数値は、その理由を選んだ割合(複数回答可)。「全体平均」は回答者全員(1000人)の平均値

3位は初登場のフワちゃん。理由は「ネタがつまらなくなっているから」(62%)が最多だった。この1年でバラエティへの露出が急増し、今では雑誌の表紙や地上波のMCなど、引く手数多の日々だが、「ノリで騒いでいるだけに見えて見苦しい。テレビでは芸を磨いている人をもっと見たい」(40歳男性)と大人世代からは厳しい意見が寄せられている。

このほか、初登場組は女芸人日本一決定戦『THE W』(日本テレビ系)で優勝した3時のヒロイン、赤いワンピース姿で武田鉄矢や大友康平らのモノマネをするりんごちゃん、『M‐1グランプリ』で躍進したぺこぱ、同じく『M‐1』で優勝したミルクボーイ。ネタで実力を示してきた顔ぶれに対しても、冷静に見ている人が多い。

注目記事
次のページ
「笑いで人々の心を豊かに」という期待の声
今こそ始める学び特集