予約録音・音質向上 ラジオを楽しむ最強ギア&ワザ11

日経トレンディ

日経トレンディ

radikoの「タイムフリー」は、過去に放送されたラジオ番組を好きなタイミングで聴くことができる便利な機能だ。ただし聴ける期間は過去1週間までに限定される。「もっと過去の放送を聴きたい」「お気に入りの番組を永久保存しておきたい」「絶対に聴き逃したくない」という目的なら、ラジオ番組の予約録音ができるラジオレコーダーがお薦めだ。

ラジオレコーダーを選ぶ際に気を付けたいのが対応する周波数帯や録音機能。「ラジオを録音できる」とうたう機器は様々あるがAM波とFM波の両方に対応し、さらに複数の予約録音が可能なものは実は意外と選択肢が少ない。

番組を永久保存するのであれば音質も重要だ。FMの周波数を用いてAM番組を同時放送する「ワイドFM」に対応しているレコーダーなら、AM番組でもノイズを抑えて録音できる。ここで紹介するワザに出てくるラジオレコーダーはすべてワイドFMに対応する。

さらにAM波やFM波に対応した市販のアンテナを外付けできる機種であればラジオの感度を高められるので、よりクリアな音声で番組を保存できる。多くの番組を予約録音し、移動中に聴きたいというのであれば、「ICZ-R110」(ソニー)が候補になる。モバイルに向くICレコーダータイプで、充電スタンドとしても使えるスピーカーには外部アンテナ端子も備えている。

リアルタイムのラジオ放送をより良い音で聴きたいという目的であれば、Bluetoothスピーカー機能を搭載したモデルにも注目したい。

Q1 大好きなラジオ番組をずっと取っておきたい
A 深夜番組も予約録音できるICレコーダー

ラジオの予約録音ができる機器の選択肢は多くはないが、録り溜めた音声ファイルをすぐに持ち出して外出先でも聴ける小型機はこの「ICZ-R110」だけ。予約番組数は最大20件と多く、録音した日付や曜日からファイルを探せるなど聴くための機能も充実しているほか、音声ファイルを編集できるソフトも付属する。ICレコーダータイプなので会議の録音にも使える。

「ICZ-R110」(ソニー) 実勢価格2万2900円(税込み)
録音した音声ファイルを整理・編集できる「サウンドオーガナイザー」が付属する
音声ファイルを持ち出して外出先でも聞ける
Q2 パソコンでラジオ番組を予約録音したい
A スリープ状態を解除して録音できるソフトを使う

パソコンを使ってradiko経由で放送を保存できる「ネットラジオレコーダー8」なら、表示されるラジオ番組表から聴きたいものをクリックして「予約」を選択するだけで録音設定が完了。録音開始時間にパソコンがスリープ状態であっても、自動的に解除する便利な機能も搭載している。

「ネットラジオレコーダー8」(GING) 実勢価格4053円(税込み)
予約録音は「1回のみ」「繰り返し」といったスケジュール設定から、「タイトル」「ジャンル」などのデータ編集もできる。番組のキーワード検索も可能だ
Q3 ラジオの感度を良くしたい
A 外部アンテナでパワーアップ

好きな番組を録音するのであればなるべく良い音で保存したい。AMなら本体の向き、FMなら伸ばしたロッドアンテナの向きを調節するのが基本だが、外部アンテナ端子を搭載するラジオを選ぶのも手だ。「TY-RHR1」などは市販の外部アンテナを接続できる端子を背面に用意。放送をよりクリアに受信できる。

「TY-RHR1」(東芝エルイートレーディング) 実勢価格8710円(税込み)
注目記事
今こそ始める学び特集