色使いが肝のテレワークコーデ インナーはジャストサイズで

――2組目は先ほどのカーディガンの色違いを使ったコーディネートです。

「カットソーをインナーにしたテレワークコーデですが、少し遊び心のあるカラーコーディネートにしてみました。ベーシックな緑のカーディガンでも、合わせるアイテムにひねりを加えるだけで新鮮な印象になります」

カーディガン 2万3000円(ウィリアムロッキー)、カットソー 1万3600円(フィルーズダルボー)、パンツ1万5800円(バーンストーマー)、スニーカー 1万1000円(スプリングコート)

――思い切った色使いですが、全体がまとまって見えます。

「サーモンピンクと緑は補色の関係にあるので、実は相性がいいんですよ。そう言った理屈抜きでも、直感的に『こういう合わせ方ってありじゃん』と思ってくれるとうれしいですね」

――上級者の着こなしに見えて、実はまねしやすそうですね。

「色が少し個性的なだけで、アイテム自体はベーシックですからね。もちろんこれはプロとしての提案なので、ボトムスはベージュのような定番色を持ってきてもいいと思いますよ」

――カットソーはどう選べばいいでしょうか?

「サイズが大きすぎると、カーディガンを羽織った際に収まりが悪いので、少し身幅の狭いものを選ぶのがいいと思います。着丈もカーディガンの丈からはみ出さないくらいですね」

「カーディガンとカットソーとのバランス感は大切」。カットソーのカジュアルな印象はカーディガンで控えめになり、モニター映えしそう
足元は軽やかな白スニーカー。サーモンピンクとのバランスもいい

――オーバーサイズがトレンドですが、インナーに着る場合はタイト気味がいいということですね。シューズはどう選んだのですか?

「トップスがカットソーだったので、足元も同じく軽快な方がいいと思いスニーカーを選びました。色もトップスの白と合わせています」

アースカラーの秋コーデ カーディガンは肩がけでも好印象

――最後はシャツと革靴を使ったコーディネートです。

「休日のお出かけを想定してみました。カーディガンは茶色、ボトムスはカーキと、秋らしいアースカラーでまとめています」

カーディガン 2万3000円 (ウィリアムロッキー)、シャツ 1万7000円(アイクベーハー)、パンツ 1万8800円(バーンストーマー)、ベルト 1万4800円(アングロ)、ソックス 1400円(ハリソン)、ブーツ3万2000円(NPS)

――着こなしのポイントはどこでしょう?

「シャツの襟を広げて、カーディガンの上に乗っかるようにしています。こうすると柄が少し引き立つんですね。シャツのボタンは第三ボタンまで開けて、インナーに白のTシャツを着るのも一つのテクニックです」

このコーデは「リモート飲み会にも、おすすめ」と玉木さん。肩にかける場合は、Tシャツが隠れないように巻きつけるのがコツという

――確かにVゾーンが際立っているように見えます。ベルトの選び方は?

「靴と合わせて、ブラウンのスエードで統一してみました。やはり秋らしい格好を目指すとなると欠かせない素材なんです」

――秋らしい暖かみが感じられますね。

「そうですね。あと、もし暑かったらカーディガンを脱いで、肩にかけてもいいと思います。こういう時期にちょっとしたアクセサリー感覚でつけるのもカーディガンの魅力です。シチュエーションに応じて使い回せると、より一層“分かっている感”を出せるのではないかと思います」

※表示価格は税抜き。

文:FACY編集部 山梨幸輝(https://facy.jp/) 写真:加藤潤


SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
GIFT SPECIAL 2021
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram