日本の世界遺産クイズ10問 間違いが多かった順で出題

北海道から沖縄まで、日本には23の世界遺産がある。歴史的な建造物や自然の多様性についてぜひ知っておきたい。クイズで1000人に聞き、間違った人が多い順にランキングした。

■1位 日光東照宮の三猿はどこに彫られている? 883人
(1)五重塔 (2)陽明門 (3)神廐舎(馬小屋)

日光東照宮(栃木県日光市)は徳川家康をまつる神社で、1999年に日光二荒山神社や日光山輪王寺とともに「日光の社寺」として世界遺産に登録された。

東照宮を象徴する国宝「陽明門」には故事逸話や子供の遊びなど500以上の彫刻がほどこされているが、「三猿(さんざる)」が彫られているのは、陽明門の手前にある神厩舎(しんきゅうしゃ)と呼ばれる、神に奉仕する「神馬(しんめ)」が休む馬小屋=写真上。

猿が馬を守るとされているところから、神厩舎には8面、16匹の猿の彫刻が彫られ、人間の一生が風刺されている。「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿=同下=の彫刻が名高い。悪事を見たり、言ったり、聞いたりせずに良いことだけ受け入れて素直に育つように、という教えといわれる。正答率は1割強、「陽明門」の誤答は約75%。

<正解は(3)>

■2位 奈良の大仏について正しいのは? 866人
(1)動産なのに世界遺産 (2)大仏殿のみ世界遺産 (3)国宝ではない

「奈良の大仏様」の寺として知られる東大寺(奈良市)は「古都奈良の文化財」として1998年に世界遺産に登録された8件のうちの1つ。東大寺そのものも世界遺産だ。

世界遺産の対象は、文化遺産も自然遺産も動かすことができない不動産に限られる。寺社の建物が世界遺産の場合でも、中にある仏像などの美術品は対象外だ。

しかし、東大寺の大仏のように事実上移動ができない場合は、例外的に登録対象になる場合がある。大仏殿(金堂)も大仏も、世界遺産であり国宝。「大仏殿のみ世界遺産」の誤答が5割を超えた。8月15日の「万灯供養会」の際には、大仏殿正面の観相窓から大仏が拝める=写真。

<正解は(1)>

■3位 国立西洋美術館を真上から見ると、どんな形をしている? 707人
(1)正方形 (2)星形 (3)楕円形

東京・上野にある国立西洋美術館本館=写真=は、近代建築の巨匠、ル・コルビュジエの代表作。2016年に世界遺産に登録された、フランスなど7カ国の17資産で構成される同氏設計の建物に含まれる。

1959年に建てられた鉄筋コンクリート造り一部3階建てで、上から見ると約40メートル四方の正方形。同氏が日本に残した唯一の建物で、1階部分を柱だけで構成する「ピロティ」などの特徴が随所に。「星形」の誤答が5割を超えた。

<正解は(1)>

■4位 薬師寺の西塔と東塔のうち国宝は? 529人
(1)西塔 (2)東塔 (3)両方

薬師寺(奈良市)は「古都奈良の文化財」の構成資産の1つで、法相宗の大本山。東塔=写真手前=と西塔の2つの三重塔があるが、焼失した西塔は1981年に再建され国宝ではない。

一方の東塔は創建当時から唯一現存する築1300年近い建物。薬師寺には東塔を含め9件の国宝がある。12年に及ぶ東塔の解体修理はほぼ完成、建物は見られる。「西塔」「両方」の誤答が25%強ずつあった。

<正解は(2)>

■5位 百舌鳥・古市古墳群にあるものは? 495人
(1)日本最多の古墳 (2)日本最大の古墳 (3)日本最北の古墳

大阪府にある百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群は4世紀後半から6世紀前半に築造された古墳群で2019年に世界遺産登録。

両古墳群には計80以上の古墳があるが、百舌鳥エリアにある大山古墳(仁徳天皇陵古墳、写真)は、堀を含めた全長が840メートルに及ぶ日本最大の古墳(前方後円墳)。和歌山市の岩橋千塚古墳群には約900基の古墳があり、最北の古墳は北海道にある。

<正解は(2)>

注目記事