powered by 大人のレストランガイド

コスパよく酸化しにくい 紙箱入りワイン注目アイテムエンジョイ・ワイン(31)

バッグ・イン・ボックスからグラスにワインをつぐところ(ディオニー提供)
バッグ・イン・ボックスからグラスにワインをつぐところ(ディオニー提供)

四角い箱に入った大容量ワイン「バッグ・イン・ボックス」(BIB)がひそかな人気だ。外観がワインのイメージにそぐわないなどの理由で敬遠する人もいるが、実は、コストパフォーマンスに優れ、ガラス製のボトルにはない特長もたくさんある。おしゃれで高級なタイプも出てきており、気取らない家飲みにもカジュアルなパーティーにもぴったりだ。

東京都在住の鈴木亜矢果さんは、コアなワイン愛好家が集うワイン会にも参加するほどのワイン好き。BIBの愛用者でもある。先日は、ギリシャ産白ワイン「ドメーヌ・スクラヴォス アルシミスト」のBIBをオンラインで購入した。「そのちょっと前にレストランでボトルを飲んだらとてもおいしかったので、家でも飲みたいと思った」と話す。

ドメーヌ・スクラヴォス アルシミスト。著名なソムリエもその味わいに太鼓判を押す

著名なソムリエもその味わいに太鼓判を押すアルシミストは、750ミリリットル入りのボトルが1本1800円(税抜き希望小売価格)で、3リットル入りのBIBは1箱4000円(同)。3リットルはボトル4本分相当なので、かなりのお得感がある。

割安な秘密は容器の形や重さにある。輸送などの際、円柱形で首のところだけ細いガラス製のボトルは無駄にスペースを取るが、四角い形のBIBは効率よく重ねることができる。また、ボトルは重いものだと1本1キログラムもある。中身より重い場合もあり、紙箱のBIBとの差は歴然だ。これらが輸送や保管コストの違いを生み、小売価格にも跳ね返ってくる。

値段だけではない。BIBは、外側の容器は紙製だが中身はプラスチック製の袋で、ワインはその袋の中に入っている。バッグ・イン・ボックスと呼ばれるワケはこの二重構造にある。

この袋に取り付けられた特殊な注ぎ口からワインをつぐと、袋が自動的にしぼみ、中に空気が入りにくい仕組みになっている。一度抜栓したワインが劣化する最大の原因は、酸素との接触による酸化。BIBは酸化を極力防ぐことができ、抜栓後も中のワインが長持ちする。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト