なぜ人の脳は地図を誤解するのか 南米は本当はどこに

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

多くの人の頭の中には世界地図のイメージがある。ただ頭の中の地図と異なり、実際の南アメリカ大陸はその大半が北アメリカと比べて東寄りに位置している(COURTESY DAVID RUMSEY MAP COLLECTION)

人は、頭の中に世界地図をもち、地球上の場所を思い浮かべる際には、その地図を参照してイメージする。ただ、この「頭の中の世界地図」は正確無比というものではない。たいていの人の頭の中の世界地図は同じように間違っていて、簡単に修正することができない。

具体的な例を挙げてみよう。例えば、誰でも南アメリカが北アメリカの南にあることを知っている。でも、実際の南アメリカ大陸のほとんどが米国の南東にあるフロリダ州よりも「東」に位置していると聞けば、意外と思う人がほとんどだと思う。

それくらい私たちがイメージする世界地図と、現実の世界地図との間には違いがあり、こうした地理的な勘違いにもそれなりの理由があると、地図製作者のジョン・ネルソン氏は言う。

ネルソン氏は「頭の中の地図は詳細なものではなく単純化されたものであること。また、南北アメリカ大陸の位置関係を思い違いしている原因は、名称も一因だ」と考えている。南アメリカがもし「南東アメリカ」と呼ばれていたなら、もっと正確に南アメリカ大陸の位置を把握できていたかもしれない。

ネルソン氏の父は、米セントラルミシガン大学の地理学の教授だった。教授は、1992年に、同僚たちと共著で地理的な勘違いについての論文をまとめていて、高校で地理を教えていたネルソン氏の母もこれを手伝っていたという。「わたしが小さいころ、夕食の席でこの論文について両親が話をしていたのを覚えています」(ネルソン氏)。同氏は最近、父らがまとめた論文を読み返し、先ほど例に上げた南北アメリカの関係性をはじめ、地図に関する3つの勘違いを解説するウェブページを作った。

大陸の位置関係の勘違い

位置を誤解されがちな大陸は、南アメリカ大陸だけではない。同じように、アフリカ大陸も誤解されたイメージが頭の中に定着している。特に北米の人は、アフリカ大陸は南アメリカ大陸と同じように、大陸のほとんどが南半球にあると考えがちだ。実際には、アフリカの約3分の2が赤道よりも北に位置している。

多くの米国人は、ヨーロッパが実際よりもはるか南にあると頭の中の世界地図で認識していて、米国本土から大西洋を挟んだ真向かいにヨーロッパがあると考えている。事実を見ると、英仏などのヨーロッパと近い緯度にあるのは、米国というよりカナダのほうだ。パリはモントリオールよりもはるかに北にある。米国と同緯度なのは、バルセロナでようやくシカゴ、ベネチアはオレゴン州ポートランドとなる。

この件に関してネルソン氏は「気候が関係しているのではないか」という。西ヨーロッパは、メキシコ湾流のおかげで緯度が高いわりには比較的温暖だ。この海流はメキシコ湾から暖かい海水を大西洋の向こうへと運び、ヨーロッパにいわゆる地中海性気候をもたらし、一帯の気温はカナダよりも米国本土に近い。

このように誤解してしまうのは、人は東西南北の4つの方位に単純化して覚える傾向があるためだ。それが頭の中の地図にも反映されて記憶されるようだ。つまり、北米に暮らす人にとっては、ヨーロッパは東に、南アメリカは南にあると考えると理解しやすいというわけだ。

ブラジルはカナダよりずっと小さい?

頭の中の地図が勘違いしていることはまだある。相対的な大きさについても、誤解が多い。この原因は一つに、見慣れた2次元の地図にある。そもそも、球体をしている3次元の地球を平面に表現しようとすれば、どうしても歪みが出るので、これは仕方がない。

注目記事
次のページ
脳に残る強固な記憶
今こそ始める学び特集