妻夫木聡らに笑いと共感 宝くじのCM好感度が急上昇2020年8月度 CM好感度月間ランキング

日経エンタテインメント!

CM総合研究所が発表する8月度の銘柄別CM好感度ランキングで、サマージャンボ宝くじのCMが6位にランクイン。妻夫木聡、吉岡里帆、成田凌、矢本悠馬、今田美桜が5人のきょうだいを演じるジャンボ宝くじCMシリーズの「ジャンボ兄ちゃん 連番といろんなバラ」編が票を集めた。妻夫木が宝くじには連番とバラがあることを解説すると、吉岡が「カピバラは?」と尋ね、2人が歯を出してカピバラの顔まねをするコミカルな描写が受け、男女とも30~50代を中心と幅広く支持を得て、「ジャンボ兄ちゃん」シリーズとして最高位を記録した。

サマージャンボ宝くじの新CM「ジャンボ兄ちゃん 連番といろんなバラ」編 妻夫木聡がきょうだいに宝くじには連番とバラがあることを解説する
CM総合研究所調べ

全国都道府県および20指定都市が発売元となるジャンボ宝くじは、これまでの発売告知CMに加え、4月17日から新たにブランドCMをシリーズで放送している。キャラクターには5人の俳優を起用。妻夫木がジャンボ宝くじを愛する“ジャンボ兄ちゃん”こと長男サトシ、吉岡がピュアで優しい性格の長女リホ、成田が天然キャラの次男リョウ、矢本がお調子者の三男ユウマ、今田が今どきギャルの次女ミオの5人きょうだいにふんし、にぎやかなやりとりを繰り広げる。宝くじを買ったことがない若い世代を中心に、ジャンボ宝くじとはどういうもので、どんな楽しみ方があるかなどを伝えるのが狙いだ。

7月14日からは「ジャンボ兄ちゃん 連番といろんなバラ」編がスタート。妻夫木が「ジャンボ宝くじには番号が連続している連番と、バラバラなバラがある」と解説すると、成田「ちなみに豚バラはありますか?」、妻夫木「ギリギリないなあ」、今田「ジャバラは?」、妻夫木「ありそうだけどないなあ」、矢本「チャンバラは?」、妻夫木「ありよりのなしだなあ」といった問答が展開。吉岡が「カピバラは?」と尋ねると、妻夫木が「ない。絶対ない」と断言すると、カピバラを抱いた吉岡が歯を出してカピバラの顔まねをして「カピー」と返し、妻夫木もカピバラの顔まねで「カピー!」と応える。

宝くじの広報宣伝担当者によると、キャストの起用にあたっては、明るく元気な世界観をストレートに愛らしく表現できる演技力を期待したという。ジャンボ宝くじは、季節の風物詩として楽しまれている部分も多く、家族で楽しんでもらいたいと考えて家族の設定に。長男だけがジャンボ宝くじを知っているとすることで、会話が生まれやすくした。芝居のテンションをあえて強めにしたことで、5人の俳優が普段演じているキャラクターの中でも、あまり見たことがない芝居になっているのが見どころだ。

ジャンボ宝くじを愛する“ジャンボ兄ちゃん”こと長男サトシを演じる妻夫木聡

CM好感度の支持層は、男女とも30~50代を中心に幅広い。モニターの感想は、「カピバラの『カピー』と言いながらの吉岡里帆と妻夫木聡が面白い」など2人のやりとりが好評。「人選のバランスが良く、さわやかな印象」「とても温かいきょうだい。心がなごむ」とキャラクターへの共感も多い。「このCMを見ると買いに行きたいな! と思ってしまう」と宝くじの購入にもつながっているようだ。CM好感要因は「出演者・キャラクター」が最も多く、「ユーモラス」「ストーリー展開」「宣伝文句」と続く。

コロナ禍で人とのつながりへの共感

ピュアで優しい性格の長女リホを演じる吉岡里帆

CM総研の関根心太郎代表は、コロナ禍で人とのつながりの大切さが再認識されている世相もCM好感度を押し上げたと指摘。「妻夫木さん演じる“ジャンボ兄ちゃん”をはじめ、個性あふれる人気俳優5人がコミカルで楽しいかけあいを繰り広げる点が、ジャンボ宝くじのCMの最大の魅力ではないでしょうか。妻夫木さん、吉岡さんのカピバラの“顔まね対決”には一度見たら忘れられないインパクトがあり、幅広い世代の支持を集めたようです。コロナ禍で人とつながることが難しい今だからこそ、5人きょうだいの楽しげで自然なやり取りが、多くの共感につながったとも考えられます」

9月14日からはハロウィンジャンボ宝くじの発売にあわせて「ジャンボ兄ちゃん 三男のアイデア」編がスタート。その先には年末ジャンボ宝くじが控えている。「ジャンボ兄ちゃん」シリーズの人気はまだまだ続きそうだ。

(日経エンタテインメント! 小川仁志)

■調査対象期間:2020年7月20日~8月19日(東京キー5局)
■当月オンエアCM:全2302銘柄
■東京キー5局でオンエアされたすべてのCMを対象に、関東在住の男女モニター3000人に、好きなCM・印象に残ったCMをヒントなしに自己記述してもらい、その得票数を足し上げたもの
■同商品の複数作品にオンエア・好感反応がある場合、代表作品は最もCM好感度の高い作品
■企業・銘柄名・作品名はCM総合研究所の登録名称であり、正式名称と異なる場合がある
エンタメ!連載記事一覧
注目記事
エンタメ!連載記事一覧