powered by 大人のレストランガイド

進化するノンアル飲料の悦楽 専門バーや自宅用キット

「A Real Pleasure ゼロになる」(1500円)。円盤形のおしゃれなボトルでサーブされ、気持ちも華やぐ
「A Real Pleasure ゼロになる」(1500円)。円盤形のおしゃれなボトルでサーブされ、気持ちも華やぐ

コロナ禍の外出自粛で、飲食店がテークアウトに注力し始めたり、冷凍食品の売り上げが伸びたり、食シーンに様々な変化が生じている。サプリメント販売を行うSUPALIV社が酒を飲む人を対象に行った調査によれば、外食や飲酒機会が減少したことで、飲酒代は月平均で1万4000円も減ったというデータもある。もとより、「若者のアルコール離れ」が話題になっており、また健康志向の高まりも相まって、ノンアルコール飲料市場が拡大の一途にある。

昨年「飲めない人も『もう一杯』 ノンアルに酔える本格バー」で既報した通り、ここ数年で外食でもノンアルドリンクが増加してきたが、コロナ渦以降ノンアル市場はさらに進化を遂げている。「ノンアルもあります」ではなく、ノンアル専門のバーが登場したり、家飲み需要の拡大に合わせた自宅用のノンアルドリンクのキットを販売したりと、ノンアルドリンクの楽しみ方は新たなフェーズにさしかかっている。

今年7月にオープンした「0%(ゼロパーセント)」(東京・六本木)は常設のバーとしては珍しい完全ノンアルコールバーだ。ここでは酒はもちろん、普通のソフトドリンクでさえ提供していない。趣向を凝らしたオリジナルのノンアルコールカクテルドリンクをラインアップしている。

同店を運営するThe Human Miracle(ザ・ヒューマンミラクル、東京・港)の取締役で同店プロデューサーの山本麻友美さんはもともと酒に弱く「おしゃれなバーでソフトドリンクしか選択肢がないことに物足りなさを感じていた」という。酒に比べると一般的なノンアルは味が平たんになりがちで、飲みごたえがない。そこで「ハーブやスパイスを使って、複雑な香りやクセのある味わいに仕上げ物足りなさを補いました。普段、酒を飲む方にも楽しんでいただけるよう味に奥行きを出しています」と山本さん。

近未来感な雰囲気の「0%」の店内。非日常感が味わえる

例えば同店の「A Real Pleasure ゼロになる」は、ベースとなるのはヴェチパーというハーブを漬け込んだハーブウオーターで、アップルジュース、レモン、バジルなどを使い、1日かけて仕込んだドリンク。ヴェチパーはお香にも使われるハーブで、ウッディな香りが特徴だ。甘酸っぱい味わいと独特の奥深い香りを楽しめる。それを凝ったデザインのオシャレなボトルでサーブする。より高揚感や特別感を演出したいという思いからだ。

同店は90分の予約制でオープン。営業時間が朝10時~夜10時と長く、ランチの利用もあることから、コロナ渦にもかかわらず連日多くの予約があるという。妊婦や子連れの利用のほか、90分間カフェ利用のように会話に夢中になって過ごす客や、サッと1杯だけ飲んで車で帰る客もいる。こんな多様な使い方ができるのも、ノンアルバーの特徴のようだ。

「酒は飲めないけどバーには行ってみたかったという人も多く、飲める・飲めないにかかわらず同じものを飲んでおいしさを共感できる場にしたい」と山本さん。酒を飲む人に合わせるための味気ないソフトドリンクを飲む場としてではなく、ノンアルドリンクが楽しめるバーとしてノンアル派が中心になって積極的に利用しそうだ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト