着丈短めでAライン 仕立屋が手がける個性派ジャケット

大阪市にある「VELISTA(ヴェリスタ)」のディレクター、鵜飼英隆氏にも話を聞いた。

おすすめしてくれたのは、LA FAVOLA(ラファーボラ)の「SERVICE JACKET」だ。もともとはジャケットなどをオーダーメードしていたブランドの一着だという。

2015年スタートのLA FAVOLA。テーラードアイテムを中心に展開している。手がけているのは、国内のテーラーで経験を積んだデザイナーだ。ミリタリーのサービスジャケットをベースにデザインされた一着。LA FAVOLA / SERVICE JACKET 7万5900 円 (税込み)

「まず目を引くのはシルエットですね。一般的にメンズのテーラードジャケットはウエストに絞りを入れることが多いのですが、こちらは裾に向かって広がる“A”ラインのシルエット。細部を見れば、テーラー(男性向けの仕立屋)出身のデザイナーの丁寧な作り込みも感じていただけると思います」

ベーシックな紺のジャケットだが、コンサバに見えない。やや短めの着丈も特徴的だ

一癖あるシルエットの一着だが、どう着こなせばいいのだろうか。

「襟付きのシャツと合わせて上品にまとめてもいいですが、ラフなアイテムと合わせてカジュアルに着崩すのもおすすめですよ。例えば、インナーには無地のTシャツ、ボトムスにはミリタリーのカーゴパンツといった具合です。若い方が着ると幼く見えてしまうこともあるアイテム。ぜひ大人の男性にこそ着こなしてほしいですね」

カーディガン感覚で着られるジャケット テレワークにも

FACYに寄せられた投稿には「ビジカジで使えるジャケット」を探す声もあった。

東京・吉祥寺にある「ROL(ロル)」のストアセールスマネージャーの葛西剛史氏がすすめてくれたのは、FLISTFIA(フリストフィア)の「JACKET CARDIGAN」だ。

「テーラードジャケット特有の固い印象がなく、カーディガンのように気負わずに着られる一着です。フロントのくるみボタン(同じ生地で包まれたボタン)が統一感を生み出しているので、カジュアルに見えすぎません」

カットソーを中心に手がけている日本発ブランドだ。生地は独特な光沢感と耐久性が特徴のコットン・ポリエステル素材で、バイオ加工を施すことで適度に着込んだような自然な風合いを味わえる。着回しに困らないネイビーとオリーブの2色展開。1万9800円(税込み)

着心地のよさや取り扱いの簡便さも、同店で人気を集める理由だ。

「コットンとポリエステルを配合した素材を使っていて、さらりとした心地よい肌触りです。軽量で薄手だから持ち運びもしやすく、自宅の洗濯機で洗えるのもうれしいですね。オンオフ兼用で買われる方や、テレワーク用に買われるお客様もいらっしゃいますよ」

同じ生地のスラックス(1万9800円)とセットアップにもできる

文:FACY編集部 山梨幸輝(https://facy.jp/)


SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
GIFT SPECIAL 2021
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram