著名投資家、千葉功太郎氏 麻布で学んだ自由と責任エンジェル投資家 千葉功太郎氏(上)

投資家 千葉功太郎氏
投資家 千葉功太郎氏

「男子御三家」と呼ばれる中高一貫の名門私立校、麻布中学・高校(東京・港)。ゲーム開発のコロプラ元副社長で、スタートアップ企業に個人で投資するエンジェル投資家の千葉功太郎氏は同校の出身だ。出資先の起業家の交流・育成の場として「千葉道場」を主宰し、ドローン分野に特化した投資ファンド「DRONE FUND」を創設するなど注目の投資家だ。自由と自治を是とする都会の進学校がキャリアの源泉となった。

「委員長になれば、運動会は中止にします」。高校3年生の頃、同級生が運動会中止を公約に掲げて、運動会実行委員会の委員長に立候補した。これが大騒動に発展した。

麻布の生徒は主に運動部系と文化部系に分かれていました。ちなみに私は中高6年間天文部(当時)だったので、文化系オタクでした。生徒会はなく自治の精神が根付いていて、運動会実行委員会には運動部系、文化祭実行委員会には文化部系のそれぞれのリーダーが委員長になって文化祭と運動会を仕切り、互いに干渉しないという暗黙のルールがあったのです。

そこに文化部系の同級生が切り込み、運動会実行委員長に立候補、なんと選挙で当選してしまいました。開催の是非を問う、学校を二分する侃々諤々(かんかんがくがく)の議論が巻き起こり、「学内闘争」の様相を呈しましたね。結局、「運動会開催のみの是非を問う再選挙」となり運動会は開催されたのですが、学校側は生徒の自治を尊重し、干渉をしてきませんでした。

5月の文化祭も麻布の一大ベントでした。毎年外部からも約1万人を集客していたと思います。東洋英和女学院など近隣女子校の生徒もたくさん来るので、麻布の生徒たちは髪を茶パツとかにして、運動部系の生徒も含めてみんなで大変盛り上がりました。天文部では大がかりなプラネタリウムを設置して人気を博しました。ただの光投影では暗くて見えづらいので、当時は高額だった発光ダイオード(LED)を活用して一つ一つの星の明るさを正確に再現。いつも大盛況でした。

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集