スノーピークのたき火用ベスト まるで「着るバッグ」

日経クロストレンド

難燃素材に革命を起こした、アラミド100%素材の「TAKIBI Vest」
難燃素材に革命を起こした、アラミド100%素材の「TAKIBI Vest」

スノーピークのアパレルライン「スノーピークアパレル」が好調だ。自然の中で過ごしやすい機能素材を使いながらも、着心地が良くて街にも似合うシンプルなデザインが人気の理由。中でも2016年秋冬シーズンに登場した「TAKIBI Vest」は、毎シーズン完売を繰り返すほどのヒット商品だ。

着想はキャンプ道具を収納するバッグ

スノーピークの山井梨沙社長が「スノーピークアパレル」を立ち上げたのは14年。19年12月期には売り上げ17億2000万円まで成長し、キャンプメーカーのアパレル事業として順調に推移している。

コンセプトは「ホームとテントを行き来する服」。アウトドアの過酷な環境にも耐え得る機能素材を採用しながら、インドアでも着ていたくなる着心地を追求。シンプルだがディテールまでこだわったウエアの数々は、キャンプ愛好家はもちろん、スノーピークを知らなかった20代のユーザーからも支持を集めるブランドへと進化した。

そんなスノーピークアパレルを象徴する定番アイテムが「TAKIBI Vest」。16年秋冬シーズンに登場して以来、19年度までに2500着を販売。ベースのデザインはそのままに、素材やディテールをアップデートしながら、毎シーズン完売を繰り返している。

「正直、初年度はそこまで反響がなかった。17年春から店頭スタッフが着始めたことで問い合わせが増え、その年の秋にウール素材を出した影響もあってファッション性の高いイメージが広がっていった。当時は初期ロットで300着しか作っていなかったので、18年秋冬まで売り切れが続いていた。しかし、売り切れで話題をつくるようなことはしたくなかったので、現在はロット数を増やし、手に入りにくい状況ではなくなっている」(スノーピーク Apparel企画開発部 開発課エグゼクティブクリエイターの菅純哉氏)

アラミド素材を採用した2020年秋の新作。オリーブとブラックの2色展開。3万7400円(税込み、以下同)

19年からは消防服などにも使用される難燃素材、アラミドを100%採用したことでさらにブレーク。税込みで1着4万円近くするにもかかわらず、年間約1500着を販売するまでに成長した。たき火という限定的なシーンに特化したネーミングの商品でありながら、これほどの数が売れる理由は、とにかく「街でも着やすくて使いやすいデザイン」だからだ。

「ハンマーやペグ、グローブなど、キャンプでよく使う道具を収納できるもの、ということで開発を始めた。最初はバッグを考えていたが、フィッシングベストやハンティングベストのように、キャンプベストがあってもいいのではと構想を広げていった。もともと街で着ることも想定していたため、がちがちなギアっぽくないデザインも受けている要因だろう」(菅氏)

実際、購入したユーザーからの反応で一番多いのが「さまざまなアイテムがたくさん入る」という評価だ。財布やスマートフォン、充電器、ペットボトル飲料など、身の回りの必需品が豊富なポケットに収納できる。このベストが「着るバッグ」と呼ばれるゆえんだ。

スノーピークのスタッフたちの活用例。ライフスタイルに合わせて、身の回りのものを持ち歩くのに重宝しているという
注目記事
次のページ
苦労した、燃えにくい素材探しの旅
今こそ始める学び特集