powered by 大人のレストランガイド

新種「ネオスパイスカレー」出現 経験したことない味

平日週2日のみ営業する幻の「サンラサー」のカレー
平日週2日のみ営業する幻の「サンラサー」のカレー

日本人のカレー熱は深くて幅広い。ベーシックな家庭のカレーから、こっくりと濃厚な欧風カレー、本格インドカレー、北海道生まれのスープカレー、そば店のカレーそばやカレーうどん、タイのグリーンカレー、5~6年前から定着しつつあるマッサマンカレーまで……。さすがにもう出尽くしたのでは、と思ったところで、また新種が現れているのをご存じだろうか。名付けて「ネオスパイスカレー」だ。

しかしカレーにスパイスを使うこと自体は当たり前で、新しさはない。が、このカレーをひと言で定義するなら「スパイス料理をおかずに食べるスパイシーなキーマカレー」とでも言えようか。何のこっちゃ、と首をかしげるかもしれないが、「スパイスカレー 東京」などと検索すると、このタイプのカレーを出す人気店はいくつも上がってくる。

そして今回紹介するのは、今、東京のネオスパイスカレー界で最も入店困難と言われる、東新宿の「サンラサー」だ。最寄りは地下鉄の新宿三丁目駅。明治通りから一本入った、雑居ビルの3階にある。見つけづらく、大変失礼ながら目立たない外観からは繁盛店であるように見えないが、メディアでもひっぱりだこの店である。

予約受付は店主のインスタグラムから、ほぼ毎回30分で即完売

この店の圧倒的な人気ぶり、熱心なファンの多さはネットを数回見るだけですぐにわかる。「サンラサー」や「東新宿 カレー」で検索すると、鮮やかなカレープレートの画像とともに「こんなにおいしいカレーは食べたことがない」「従来のカレーの枠を越えた味」「食べる毎に胃袋が無限に広がる」「ついにカレーの河を渡ってしまった」(?)などの絶賛コメントが数え切れないほど上がってくる。また、気になるのが「ここのカレーを食べたら体が整った」「体調が悪かったのに食後、かえってすっきりした」と、来店後に自身の体への好影響をつぶやいている客の多いことだ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト