米核兵器 運用リスクにメス 日経読書面今週の5冊2020年9月19日付

毎週土曜日付の日本経済新聞の読書面で、評者の署名入り書評を掲載した本を紹介します。書評は日経電子版で読むことができます。

 

◇   ◇   ◇

 

世界滅亡マシン ダニエル・エルズバーグ著

>>日経電子版で書評を読む 「米核兵器 運用リスクにメス」

原題=THE DOOMSDAY MACHINE(宮前ゆかり・荒井雅子訳、岩波書店・3900円) ▼著者は31年米シカゴ生まれ。元国防総省勤務。戦略研究者、平和運動家。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


歴史学の慰め 井上浩一著

>>日経電子版で書評を読む 「ビザンツ皇女「越境」する生涯」

(白水社・3200円) いのうえ・こういち 大阪市立大名誉教授。著書に『生き残った帝国ビザンティン』『ビザンツ皇妃列伝』など。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


舎弟たちの世界史 イ・ギホ著

>>日経電子版で書評を読む 「時代の悲劇を軽妙に語る」

(小西直子訳、新泉社・2200円) ▼著者は72年韓国江原道原州市生まれ。小説家、光州大学文芸創作学科教授。著書に『原州通信』など。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


やってくる 郡司ペギオ幸夫著

>>日経電子版で書評を読む 「想定外の外部受容する思想」

(医学書院・2000円) ぐんじ・ぺぎお・ゆきお 59年生まれ。理学博士。早大教授。著書に『天然知能』『群れは意識をもつ』など多数。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


北朝の天皇 石原比伊呂著

>>日経電子版で書評を読む 「政権の頂点親しみ込め描写」

(中公新書・880円) いしはら・ひいろ 76年生まれ。聖心女子大准教授。専門は日本中世史。著書に『室町時代の将軍家と天皇家』など。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


ビジネス書などの書評を紹介
注目記事
ビジネス書などの書評を紹介