ブレイク芸人、1位は初登場EXIT 上位に「第7世代」好きな芸人 嫌いな芸人 2020

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

2020年版「この1年で最もブレイクした芸人」の1位は、初登場のEXIT。3位の霜降り明星、5位の四千頭身、12位の宮下草薙らとともに“お笑い第7世代”の代表としてバラエティを賑わせた。上位をみると、その第7世代と『M-1グランプリ』で飛躍した顔ぶれの勢いが目立つランキングとなっている。

日経エンタテインメント!では、20年で17回目となるお笑い芸人の人気調査を実施。全国の男女1284人を対象に「1番好きなお笑い芸人」「1番嫌いなお笑い芸人」「この1年で最もブレイクしたと思うお笑い芸人」「これから1年で消えると思うお笑い芸人」の4項目で人気度を調査した(調査の詳細は「好きな芸人、サンドウィッチマン3連覇 3位劇団ひとり」をご覧ください)。

初の1位となったEXITは、テレビのレギュラーのほか、雑誌の表紙を飾ったり、5000人規模の単独ライブを開催したりと様々なフィールドで活躍。男女ともに44歳以下ではトップを獲得しており、「EXITは今後のヤングカルチャーをけん引すると思う」(42歳男性)とお笑いジャンルに留まらない期待の声が上がっている。

2位のミルクボーイは、昨年『M‐1グランプリ』で優勝。これまで知名度は低かったが『M‐1』史上最高得点(審査員7人体制での最高得点)を叩き出し、人生をひっくり返した。世代・性別のカテゴリーでは35歳以上の男性と45歳以上の女性がともに1位。「ミルクボーイの漫才は分かりやすくて面白い」(48歳男性)という声に代表されるように、上の世代からの厚い支持で票を伸ばした。

数値は、その理由を選んだ割合(複数回答可)。「全体平均」は回答者全員(1000人)の平均値

昨年1位だった霜降り明星は18年『M‐1』王者で今年も3位と好位置に。現在11本のテレビレギュラーを持ち、そのうちMCが5本と、継続したブレイクを見せている。実は2年連続で3位以内に入るケースは珍しい。すっかりテレビの顔となった彼らだが、まだまだ上に行きそうな気配すらある。

4位のぺこぱもミルクボーイと同じく昨年の『M‐1』で飛躍した1組。間違いや失敗をポジティブに受け止める芸風で、一躍人気者の仲間入りを果たした。特に女性からの支持が高く、25~34歳女性のカテゴリではEXITと並んで1位だった。

注目記事
次のページ
一度見たら忘れられない個性的な漫才
今こそ始める学び特集