powered by 大人のレストランガイド

海外でも日本酒普及、プロ育成 東京の柴田屋酒店世界で急増!日本酒LOVE(25)

スペインのワイン生産者と柴田屋酒店の三代目、柴泰宏氏(左)
スペインのワイン生産者と柴田屋酒店の三代目、柴泰宏氏(左)

1935年創業の柴田屋酒店(東京・中野)はユニークな事業者だ。首都圏2500軒以上の飲食店などに酒類を卸す一方、日本酒の海外輸出事業も推進し、国内外で日本酒の啓蒙・教育にも注力している。2015年には国内外で日本酒を広めるために、認証資格「サケ・エキスパート」を付与する一般社団法人ジャパン・サケ・アソシエーションを結成、国内だけでなく海外でもセミナーを開講し、世界中で現在約600人のサケ・エキスパートを輩出している。

同社は2005年に“接客こそが飲食店の発展のカギを握る”と、酒類関係者や飲食店の仲間とNPO法人「繁盛店への道」を結成。以来、飲食店の接客コンテスト「S1サーバーグランプリ」を毎年開催しており、飲食業界に“ホスピタリティ接客”の新潮流を巻き起こしたことでも知られる。

日本酒に関しては2012年からワイン・ビールに次ぐ第3の柱として販売を強化してきた。ジャパン・サケ・アソシエーションの結成もその一環で、現在は国内のほかイタリア、タイ、ブラジル、中国、台湾などでもセミナーを開講する。

イタリアでの「サケエキスパート」セミナー。左奥が柴氏

「日本の外食は、これから海外にバンバン出て行くだろうし、そういう店(企業)にみんな就職したいと思う。これからはグローバルな外食企業が生き残るのではと思い、飲食企業と海外の架け橋になりたいと世界へ進出しました」と話すのは、同社・三代目であり、代表取締役の柴泰宏氏だ。

2013年にまずタイのバンコクに進出し、2015年にはイタリア・ミラノに進出し、欧州全土への日本酒の販売ネットワーク網を広げている。さらに2018年には韓国・ソウルや米国ニューヨークにも進出、現在この4カ国を拠点に日本酒を輸出する。(コロナ禍で現在、各国の動きは鈍化している)。

ソムリエでもある柴氏は、ワインの輸入も手がけており、イタリアへは以前から頻繁に訪れていた。「イタリアにはドイツやフランスから温度管理されていない日本酒が入ってきていて、品質が劣化した日本酒が出回っていた。それで酒屋魂に火がついたんです。日本酒はもっとおいしいはずなのにと」。2015年のミラノ万博を機に輸出を本格スタートさせた。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド