『ヤング・シェルドン』 母子役が感じた家族の癒やし

日経エンタテインメント!

米CBSネットワークの看板番組として、絶大な人気を誇った大ヒットコメディー『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』。2007~19年の全12シーズンが放送された。極めて優秀だがオタク気質全開で、変わり者の理系男子4人の日常を面白おかしく描いた本作で、ひときわ異彩を放っているのが20代の天才物理学者シェルドン・クーパーだ。テキサス東部出身で、11歳で大学に入学し、16歳で博士号を取得した頭脳の持ち主。皮肉屋で笑顔が苦手で極端な潔癖症であるなど、癖の強いキャラクターだ。そんなシェルドンの子供時代(1980年代後半から90年代)を描いたスピンオフ番組が、17年からCBSで放送が始まった『ヤング・シェルドン』である。シェルドン役のイアン・アーミテイジと母親メアリー役のゾーイ・ペリーに、作品の魅力についてオンラインで話を聞いた。

『ヤング・シェルドン』シーズン2より 母親メアリー役のゾーイ・ペリー(右)とシェルドン役のイアン・アーミテイジ(左) U-NEXT にてシーズン1&2を見放題独占配信中、ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントよりシーズン1、ダウンロード販売中/デジタルレンタル中 (C)Warner Bros. Entertainment Inc.

9歳のシェルドンは飛び級して高校に入学し、彼とは正反対の一般的なティーンエージャーである兄、ジョージーと同じ学校に通うことになる。おませな双子の妹ミッシーと兄、優しい両親のメアリーとジョージ、そしてちょっとぶっ飛んだバァバ(祖母)とともに、にぎやかに暮らすクーパー家の日常を描いた『ヤング・シェルドン』は、どこか懐かしさを感じさせるハートフルなファミリーコメディー。全米でシーズン4の放送が決定している人気作だ。

本作の最大の魅力は、個性的で愉快な家族の面々が繰り広げる絶妙なアンサンブル。特に主人公シェルドンと母メアリーの関係性は、ユーモラスでしばしば笑いを誘う一方で、ホロリと泣けてしまう心温まるシーンも多い。ペリーのことを「ママ・ゾーイ」と呼ぶアーミテイジは、最初に会ったときから「本物の親子のような感じがした」と言う。

「このシリーズに限ったことではないのだけれど、やっぱり俳優同士のケミストリーは大事だと思う。 クーパー家のみんなと初めて会った時は、あっという間に打ち解けることができた。熟練の共演者との仕事はとても楽しいものです。なかでもゾーイは抜群に演技が上手! そして現場にいる時もそうでない時も、あらゆる面で助けてくれた。ゾーイは素晴らしい人だよ。だから大好き」

そうにこやかに語るアーミテイジに対して、やさしいまなざしを向けるペリーもまた彼の才能を絶賛する。

「イアンは演技力の卓越した俳優で、見ているこっちも楽しくなる。天性の才能の持ち主ではあっても、妙に冷静な子役もいたりして、そういう子を見ていると『本心から楽しんでいるのかしら?』と心配になることもある。また悪い事に手を染める子役もいるけれど、イアンの場合、そんなことは全くない。心から演技を楽しんでいるみたいだし、上手だし、集中力もすごい。それにこう言うとイアンは恥ずかしがるかもしれないけれど、彼はとびっきりかわいいの(笑)」

「ありがとう、ママ・ゾーイ!」「どういたしまして!」とオンラインの画面越しにやりとりする様子からも、まさにオンでもオフでも2人がしっかりとした信頼関係を築いていることがうかがえた。

最前列右側がシェルドン役のイアン・アーミテイジ (C)Warner Bros. Entertainment Inc.

アーミテイジは現在12歳。父親は俳優、母親は演劇プロデューサーと芸能一家に育ち、とりわけブロードウェイなどの舞台に並々ならぬ情熱を持っており、YouTubeなどで演劇評を披露するといった一面も。人懐こい性格に笑顔がかわいらしい少年だが、話が達者で頭の回転が速い。記者の質問に対しても「それはとてもいい質問だね」と、しばしば考え深げな表情も見せる。そうしたキャラクターは、難解な物理学関連の話をとうとうとしゃべり、『ウォッチメン』などのアメコミや『スタートレック』などSF全般のサブカルチャーのオタクである、『ビッグバン★セオリー』のシェルドンを思わせるものもある。

アーミテイジはシェルドンを演じるにあたり、『ビッグバン★セオリー』でシェルドンを演じる演技派俳優ジム・パーソンズと、特にシェルドンの変わった癖などについて多くのことを話し合ったとか。そんなシェルドンとの共通点について聞くと、次のように語った。

「頭脳はもちろんシェルドンには負けるけど、僕にも変な癖があるんだ。例えば布と布がこすれあうのがとても嫌いで、靴下をはいてカーペットの上を歩いたり、靴下のままベッドに入るのが嫌だったりする。そういう変なこだわりポイントがあるところはシェルドンっぽいかも。あと、これはシェルドンとの共通点ではないかもしれないけれど、僕はいろいろなものを集めるのが好きなんだ。コインを集めるのも好きだし、あと歴史や科学も大好き。コミックも好きだけど、シェルドンほどの愛読者ではない。あと外国語を習うことも好き。残念ながら日本語は全然わからないのだけれど、習い始めないとね!」

注目記事
次のページ
憩いのひとときを提供できたらうれしい
今こそ始める学び特集