腰痛で病院に 治療せず、なぜ「様子を見ましょう」?中野ジェームズ修一のカラダお悩み解消講座 第6回

日経Gooday

腰が痛くて整形外科を受診したのに「様子を見ましょう」と言われたことはないだろうか?(c)Olga Yastremska-123RF
腰が痛くて整形外科を受診したのに「様子を見ましょう」と言われたことはないだろうか?(c)Olga Yastremska-123RF
日経Gooday(グッデイ)

カラダについてのお悩み、ありませんか? 体調がいまいちよくない、運動で病気を予防したい、スポーツのパフォーマンスを上げたい…。そんなお悩みを、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんが解決します! 今回は、腰が痛いのを治してほしくて整形外科に行ったのに、「様子を見ましょう」と言われて湿布を渡されたという方のお悩みです。

今月のお悩み
腰が痛くて病院に来たのに、治療はしないの?

40代、会社員。腰痛持ちの男性です。

腰に痛みを感じるようになったのは30代からでしょうか。ときどき強い痛みを発症するので、湿布を貼ったりマッサージに行ったりしていました。

この春に昇進し、部を取りまとめるポジションに着いたところ、コロナ禍の影響を受けて仕事がさらに忙しくなり、連日のように残業続きです。

外回りからデスクワークとなったため、ほぼ1日中、座りっぱなしで仕事をしています。そのせいか、腰に強い痛みを感じるようになりました。

最初はだるい、重い、という感覚でしたが、そのうちギシギシときしむような感じになり、「このままではぎっくり腰になるのでは」と戦々恐々としていました。

緊急事態宣言が解除されるのを待って病院の整形外科へ行ってみたところ、MRI(核磁気共鳴画像法)の画像を見ながら、医師に「ヘルニアがあります」と言われました。

そうか、ヘルニアが原因だったのか、と思ったのですが、医師は「いったん様子を見て、痛みがひどくなるようなら、また治療の方法を考えましょう」と言って、湿布を出してくれただけで終わりでした。

正直、拍子抜けしてしまいました。これでいいのでしょうか?

同じく腰痛持ちの同僚に聞いてみたところ、病院に行っても「様子を見ましょう」と湿布を渡されるだけのことは多いそうです。

ただ、MRIでヘルニアが見つかったのだから、ヘルニアの治療はしなくていいのか、とふに落ちません。他の病院でセカンドオピニオンを受けたほうがいいでしょうか?

とりあえず湿布を貼り、インターネットで調べて見つけた“腰痛体操”を自主的に続けています。

「ヘルニア」があるからといって治療が必要とは限らない

腰痛で病院に駆け込んでも、特段治療はせず「様子を見ましょう」と言われることが実際に多いですよね。何か治療を期待していたのに、湿布を渡されるだけで拍子抜けした、と感じる人は多いようです。

相談者の方は「ヘルニアがありますね」とMRIの結果を見て言われたのですから、なぜ治療しないのかと疑問に思ったかもしれませんが、医師がそのように診断したのには、きちんとした理由があるはずです。

椎間板ヘルニアでは、椎骨と椎骨の間にある軟骨(椎間板)の組織が飛び出し、神経を圧迫する。(c) Iryna Timonina-123RF

椎間板ヘルニアとは、背骨の骨(椎骨)と骨との間でクッションの役割を果たしている軟骨(椎間板)が変性し、組織の一部が飛び出すことをいいます。このとき、飛び出した椎間板の一部が、付近にある神経を圧迫すると、腰や足に激しい痛みやしびれなどの症状が起きることもあります。

実は、椎間板ヘルニアの9割は自然に治るといわれています。飛び出した椎間板が、白血球の一種であるマクロファージに食べられたりして、時間が経つと消えてしまうからです。湿布を貼って様子を見ているうちに痛みが消えることも、実際に多いのです。

「様子を見ましょう」と言われるのは、そのためだと思います。椎間板ヘルニアが原因でしびれやまひ、排尿障害などがある場合は、手術が必要になることもあるそうです。

注目記事
次のページ
ストレスがあると痛みを感じる仕組み
今こそ始める学び特集