異常気象で野菜が高騰 財布にやさしい食材は?

2020/9/24
野菜が高騰したときは?(写真はイメージ=PIXTA)
野菜が高騰したときは?(写真はイメージ=PIXTA)

猛暑や冷夏、暖冬や豪雨など天候の影響を受けやすい野菜の価格。この数年は毎年のように野菜高騰のニュースが流れているような状況です。今は少し落ち着いてきましたが、今年の夏もキャベツ1玉500円など食卓を直撃するような価格に悩まされたかたも多いかと思います。

例年の野菜高騰のときは、天候の影響を受けづらい土の下で成長する根菜類は比較的価格が安定しているのですが、今年は水害の影響もありジャガイモの価格も高くなっていたという特徴もあります。また、従来であれば加工品の材料となる輸入野菜が新型コロナウイルスの影響で入りづらくなり、国内野菜で代用したため、一部の野菜が高騰したという理由もあるそうです。

このように様々な要因で価格が変動する生鮮野菜ですが、「野菜が高いから食べない」と諦めるのではなく、上手に野菜をとる方法を今回はご紹介します。

加工野菜は相対的に値ごろ

スーパーで売られている「焼き肉用野菜セット」や「カレー用野菜セット」、冬ならば「鍋セット」、そしてコンビニエンスストアのサラダやキャベツの千切りなどは、市場価格の上下は反映されず一定の価格で販売されています。通常時期なら割高になるカット野菜なども、野菜価格が高騰している時期には生鮮野菜との価格差が小さくなります。必要とする量によってはおすすめです。

またカット野菜は刃が入れられている分、傷むのが早いため、割引シールが貼られるタイミングも早くなります。よく利用するスーパーの割引シールが貼られる時間帯などを調査しておくとよいでしょう。

冷凍野菜・缶詰野菜を利用する

冷凍野菜や缶詰の野菜は栄養価が低いと思われがちですが、旬の栄養価の高い時期に収穫され、瞬間冷凍など鮮度を保つことができる加工方法で作られているため、比較的高い栄養価を保っているのです。また最近は冷凍技術も進化したため、冷凍野菜の種類も増えています。業務用食材を専門に扱っているスーパーなどはとくに種類も多く、ホウレン草やニンジン、ブロッコリーなど定番の冷凍野菜から、刻み玉ネギやオクラ、揚げナスなどもあるのでぜひのぞいてみてください。

天候の影響を受けづらい根菜やキノコ類

先述のように気温の問題であれば、土の下の野菜である根菜類は比較的価格が安定しているのでおすすめです。また最近はキノコ類など室内で温度も湿度も一定に管理されている環境で育てられているものもあり、これらは天候の影響は受けず価格が安定しています。

高くても割安な丸ごと野菜

半分にカットされたキャベツよりも1玉のほうが割安です。思い切って丸ごと買ってそれを使いきるというのも一つの手です。そのときは「野菜保存袋」を利用するのがおすすめ。「野菜保存袋」は野菜の老化ホルモンと言われているエチレンガスを吸着する素材のため、一般的なポリ袋に入れておくよりも鮮度が長持ちします。

またホームフリージングもおすすめです。例えばキャベツはロールキャベツにして冷凍しておくと、冷凍によって野菜の繊維が壊されるため次に煮込みなおすときに短時間で軟らかくとろとろのロールキャベツができるという利点もあります。レタスなどは冷凍すると生のレタスのシャキッと感はもどりませんが、スープに使うなど利用方法はいろいろあります。

訳あり野菜を利用する

訳あり野菜とは形がいびつだったり、傷がついてしまったりして、通常の流通には出せなかった野菜のことです。農家の家の前で販売されていたり、インターネットが普及した今はネット通販で買ったりすることもできます。ネット通販の場合は送料がかかるので、ご近所やお友達と共同で購入するのもよいですね。

毎年のようにやってくる野菜価格の高騰ですが、今回ご紹介した買い物方法を知っておくと食費の節約にも役立ちます。ぜひ覚えておいてください。

矢野 きくの(やの・きくの)
家事アドバイザー・節約アドバイザー。明治大学卒。女性専門のキャリアコンサルタントを経て現職に。家事の効率化、家庭の省エネなどを専門にテレビ、雑誌、講演などで活動。著書:「シンプルライフの節約リスト」(講談社)他 オフィシャルサイト https://yanokikuno.jp