最新!進化した付箋活用術 仕事だけでなくおうちでも今旬ときめきステーショナリー

デザインやカラーも多様な最新付箋
デザインやカラーも多様な最新付箋

ビジネスシーンで多くの人が活用している付箋。貼って剥がせるという利便性から、伝言メモや備忘録といったように、一時的なメモや目印として活躍するシーンが多くあります。しかし、最新の付箋の活用はそれだけにとどまりません。好きな長さに切って使ったり、付箋をパーツとして活用したりと汎用性がさらに高まっています。ビジネスシーンだけでなく、おうち時間でも幅広い使い方ができる最新の付箋3選を紹介します。

好きな長さに切って使える全面のり付箋

好きな長さにカットして使えるテープ型付箋がヤマトの「テープノクリップフセン」です。一般的な付箋は既に紙の大きさが決まっており、紙の大きさに合わせて文字を書くことが多いのですが、「テープノクリップフセン」は用途に合わせて長さを変えて使えるのが最大の特徴です。

カラーは全6色

「テープノクリップフセン」は、同社の「テープノフセン」の新シリーズ。付箋のカラーは生活になじむ、優しい色合いのパステルカラーが採用され、クリップと磁石が付くなど、従来の商品より携帯性を重視しアップデートされた付箋です。カラーはホワイト、パステルイエロー、パステルピンク、リーフグリーン、パステルブルー、パープルの全6カラーで価格は各550円(税抜き)です。

カッター付きで好きな長さに切れる

付箋にはカッターがあらかじめ付いているので、いつでも好きな長さに簡単にカットできます。全面に粘着剤が付いているので、使っているうちに付箋が落ちてしまい紛失したり、資料を挟んだ時に角が折れてしまったりといったケースを防いでくれます。

手帳のスケジュール管理などにも大活躍

テープの幅は汎用性の高い15mmです。手帳とも相性が良く、例えば勤務形態がリモートワークか出社するかに合わせて付箋の色を変えるといった使い方もできます。予定を色分けすることで可視性が高くなります。予定が変更された場合、付箋を剥がして移動できるのでイレギュラーな場合でもすぐに対応が可能。仮の予定を手帳に貼ったり、TODOリストを作ったりと様々な使い方ができます。

差し込み式のクリップで持ち運びも便利

「テープノクリップフセン」は、本体にクリップと磁石が新たに搭載されて携帯性もアップしました。クリップは厚みが約0.4~2.5mmまでのものであれば挟むことができ、ファイルや手帳を挟んで持ち運べるようになっています。また、磁石も付いているので、ホワイドボードや冷蔵庫などにもくっつけておけます。オフィスから家庭まで様々なシーンで利用できるのが魅力です。

注目記事
次のページ
カードや書類をノートにとじる付箋
今こそ始める学び特集