消えた旅客機『マニフェスト』 兄妹役が語る撮影秘話

日経エンタテインメント!

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや『フォレスト・ガンプ/一期一会』を監督したロバート・ゼメキスが製作総指揮に名を連ねるSFサスペンスドラマ『マニフェスト 828便の謎』。ジャマイカから飛び立った旅客機が乱気流に巻き込まれ、ニューヨークに着くと、数時間のフライトのはずが5年半の歳月が過ぎていたという驚きの展開を見せる海外ドラマだ。米国では今年1月からシーズン2が放送。日本ではシーズン1がリリース・配信中で、10月からはシーズン2の初放送が始まる。旅客機に乗り合わせたニューヨーク市警の刑事ミカエラ役のメリッサ・ロクスバーグと、同じく乗客でミカエラの兄ベンを演じるジョシュ・ダラスが、自らが演じる兄妹役や番組の魅力をオンラインで語ってくれた。

『マニフェスト 828便の謎』で旅客機に乗りあわせたニューヨーク市警の刑事ミカエラ役のメリッサ・ロクスバーグ(右)と、同じく乗客でミカエラの兄ベンを演じるジョシュ・ダラス(左) (C)Warner Bros. Entertainment Inc.

――まずは、『マニフェスト~』の見どころを教えてください。

メリッサ ジョシュの答えを盗むようだけど、先に言わせてもらうと、ミステリー的要素と家族を描く要素のバランスがうまく取れているところ。ミステリー的な要素が登場人物たちの人間関係に根差しているところが特に良いと思うわ。

ジョシュ メリッサの言う通り。見事に答えを盗まれたよ。

――2人は兄妹役を演じていますが、ベンとミカエラの“兄妹の魅力”とは何だと思いますか。

メリッサ 2人は陰と陽というか、正反対でありながら互いに釣り合いの取れた関係だと思う。ミカエラは感受性が豊かで、信念を軸にしている女性である一方、ベンはとても合理的な男性よね。それでも兄妹は深く愛し合っているわ。シーズン1では、5年半が経過する間に母が亡くなっていたという、すっかり変わってしまった世界へ戻るから、それまで2人の間にあったちょっとしたズレや違いを乗り越えて、一心同体になるの。

ジョシュ まず言いたいのは、メリッサはいい人だから共演していて楽しいということだよ。

メリッサ ジョシュも悪くないわよ(笑)

ジョシュ 兄妹を主人公にしたシリーズというのが良いと思うし、2人の関係性の描き方もとても良いよね。シーズン2に入ると、この2人の関係は相当試されることになるんだ。でも、メリッサが言っていたように、ミカエラとベンは物事への見方やアプローチが対照的だから、見ていて面白いと思う。メリッサとは、出会った日からすぐに信頼し合える関係になったというか、相性がすごく良かった。その関係は意図して作れるものではないと思うからラッキーだったよ。

――割と重い内容のドラマですが、撮影現場の雰囲気はいかがですか?お2人も含めて、現場を盛り上げる一番面白い人はどなたでしょうか。

『マニフェスト 828便の謎』シーズン2より メリッサ・ロクスバーグ(ミカエラ役)。シーズン1はU-NEXT にて見放題独占配信中、ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントよりDVD発売&レンタル中/ダウンロード販売中/デジタルレンタル中 (C)Warner Bros. Entertainment Inc.

メリッサ ジョシュね。彼は本当にみんなを笑わせるのがうまい人なの。いたずらっ子というわけではないけれど、彼の言うことにはおなかを抱えて笑ってしまう。だから撮り直しが大変!

ジョシュ 現場は明るくなきゃね。撮影現場にいるみんなは、お互いに家族のような存在だから支え合うし、16時間労働で疲れるので、多少は笑いのある現場にしなければ。僕は別にいたずら好きではないけれど、メリッサを笑わせるのは楽しいね。それが僕の仕事だと思っている。

メリッサ 私のことも面白い人だと言ってよ。

ジョシュ そうか。現場で一番面白いのはメリッサだよ。メリッサの“ノックノック・ジョーク”は最高だよ!

メリッサ どなたぁ?(笑)

注目記事
次のページ
テレビシリーズはキャラクターの変化が醍醐味
今こそ始める学び特集