好きな芸人、サンドウィッチマン3連覇 3位劇団ひとり好きな芸人 嫌いな芸人 2020

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!による毎年恒例のお笑い芸人人気調査。全国1000人の男女を対象に、「1番好きな芸人」「1番嫌いな芸人」「この1年で最もブレイクしたと思う芸人」「これから1年で消えると思う芸人」の4項目についてアンケートを行った。「好きな芸人」はサンドウィッチマンがV3を達成。2位明石家さんま、3位タモリと上位常連が並ぶなか、今年は同率3位で劇団ひとりが入るという異変があった。また、3月に急逝した志村けんさんが5位に。ほかにイモトアヤコやカズレーザー、山里亮太らの順位が上昇。彼らからは「共感」というキーワードが浮かび上がる。

「―」は昨年20位圏外

サンドウィッチマンは、2位の明石家さんまに昨年同様50票以上の差をつけ、揺るぎない人気を見せた。好きな理由は「ネタが面白いから」(90%)が最多。続く「キャラクターが好きだから」も72%と高い。世代・性別のカテゴリーでは、男女ともに全世代でトップだ。

この1年でさらにレギュラー番組を増やし、現在テレビだけでも15本に及ぶ。特番を経てレギュラー化した『バナナサンド』(TBS系)は、2人のラブコールによって実現したバナナマンとのバラエティということもあり、お笑い好きを中心に注目を集めている。

数値は、その理由を選んだ割合(複数回答可)。「全体平均」は回答者全員(1000人)の平均値

昨年に引き続き2位となった明石家さんまは「キャラクターが好きだから」(75%)が最多理由でこれまでと変わらず。昨年は『アメトーーク!』(テレビ朝日系)へのゲスト出演や、『誰も知らない明石家さんま』(日本テレビ系)で大竹しのぶと離婚後初の2人ロケをしたことも話題になった。自由意見では「あれだけ話し続けることができるのはすごい」(38歳男性)と年齢を感じさせないトーク力を称賛する声がある一方で、「男女差別的であったり、LGBTに対する偏見があったりするように思う」(35歳女性)といった今の時代感を表す意見もちらほら。

タモリと同率で3位に入った劇団ひとりは13年ぶりの20位入り。最も多かった理由は「キャラクターが好きだから」(66%)だが、25~34歳女性ではサンドウィッチマンと同率首位だったことから、若い女性の新生活を応援する番組『幸せ! ボンビーガール』(日本テレビ系)の影響が少なからずありそう。昨年はレギュラーも2本新たに始まった。

注目記事
次のページ
志村けんさんが5位、笑いや人柄に賛辞
今こそ始める学び特集