落語映像、演出どこまで必要? 異業種コラボで考えた立川吉笑

画像はイメージ(PIXTA)
画像はイメージ(PIXTA)

二十四節気の上では草に降りた露が白く光り始める「白露」も過ぎ、秋の気配がそこかしこから感じ取れるようになった。この時期の朝晩の風が柔らかくて好きだ。

今年の夏は何をしただろうかと思い返すと、前々回の記事でも書いた「マーケロボ」というMAツールのプロモーション落語作りが浮かんできた。8月の1カ月間丸々取り組んだことに加えて、自分で作った落語のはずなのに思い通りに演じることができず、撮影を一度中断してしまったという事実が、より印象深く今年の夏の記憶に刻み込まれることになった。

そもそもMAというのはマーケティングオートメーションの略で、マーケティングオートメーションとは、手作業で行われてきた見込み客へのアプローチやその分析を、デジタル技術を使って効率化することだ。行き当たりばったりの熱量勝負で行っていた営業活動に、マーケティング的なデータ分析の視点を加えることで、求めている相手へ、求められているサービスをより正確に届けることができるから、営業される側にとっても営業する側にとっても無駄がなく、気持ちよく商談が進められる効果がある。

と、大体の内容を説明できるくらいにはしっかり調べた。これまでなじみのなかったMAや、その上位概念であるデジタルトランスフォーメーションについて調べることに8月上旬を費やした。

啖呵を切るのにひと苦労

異業種とのコラボレーション企画で肝になるのは「落語らしさをどう担保するか」ということだと思っている。今回は「啖呵(たんか)」というダーっと立て板に水で感情を吐き出す話法を台本に取り入れることで落語らしさを出すことにしたけど、この啖呵に随分と苦しめられた。筆記試験的にセリフを暗記することはそこまで難しくないけど、それを早口言葉のようにスラスラ、しかも感情を込めて口に出そうと思ったら途端に難しくなる。啖呵を切っている最中、窓の向こうを飛んでいる鳥が視界に入るだけでも「あ、鳥だ」と認識してしまい、次の言葉が一瞬出てこなくなる。奇跡的に心を乱されずに進み「あと2行くらいで終わる!」と認識した瞬間に、次の言葉が出てこなくなる。改めて数えたら原稿用紙1枚ちょっとの556文字しかなかったけど、これを無意識でまくし立てられるところまで身体に染み込ませる作業に8月中旬を費やすことになった。

自分にとって特に勉強になったのは8月下旬に取り組んだ編集作業だ。高座の模様を映像化するときに、カット割りなど映像演出をどうするかというのは大きな問題だ。僕を含めて濃い落語ファンにとっては、基本的に映像演出は必要ないと思える。余計なことはせずに固定カメラ1台でただただ高座の様子を映してもらうだけで十分楽しめるのだ。一方で、落語になじみがない方にとってはそれだと退屈に見えてしまう。だから映像演出で刺激を強くする必要がある。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
上方落語は路上から
エンタメ!連載記事一覧