挨拶はごきげんよう 異色女性官僚生んだ白百合の校則須賀千鶴・世界経済フォーラム第四次産業革命日本センター長(上)

須賀千鶴・世界経済フォーラム第四次産業革命日本センター長
須賀千鶴・世界経済フォーラム第四次産業革命日本センター長

カトリック系のミッションスクール、白百合学園(東京・千代田)。幼稚園から小学校、中学、高校まであり、日本を代表するお嬢様学校といわれる。世界経済フォーラム第四次産業革命日本センターの須賀千鶴センター長(経済産業省から出向中)は、型破りな異色女性官僚として知られる。世界経済フォーラムは「ダボス会議」開催で知られる国際機関。須賀さんは高校まで15年間を白百合で育った。常に「ごきげんよう」と挨拶(あいさつ)を交わす伝統校で何を学んだのか。

(下)白百合で知った多様な生き方 異色女性官僚の高校時代 >>

白百合学園の一日は、「ごきげんよう」で始まり、「ごきげんよう」で終わる。

中学2年生の時、初めて塾に行ったのですが、クラスメートが「こんにちは」「さようなら」と先生方に気軽に声をかけているので驚きました。なんと失礼な話し方をするのかと、自宅に戻って母に話すと、そちらの方が世間の常識だと諭されました。3歳の時に白百合の幼稚園に入って、小中高とズッと東京・九段の同じ敷地内で過ごしたので、外の世界を知らなかったのです。

「ごきげんよう」は先生など目上の方にご挨拶する時の言葉です。お辞儀の深さには決まった型があります。先生方と廊下ですれ違う時は15度の角度で上体を倒して会釈をしながら、挨拶します。授業の開始前などは45度のお辞儀で挨拶します。ただ、だんだん慣れてくると、「ご……んよう」と省略したり、早口で煙に巻いたりする生徒もいます。外部から訪問者がある時は、校内放送が流れるので、そんな時はていねいに挨拶する要領のいい子もいました。私も上品な優等生だったと思われるかしれませんが、残念ながら違いました。

両親からはよく白百合幼稚園に合格できたねと言われました。父の実家が神田で、女性は近くの白百合、男性は暁星学園に通うケースが多かったのです。両校はほぼ同じエリアにありました。もう記憶はないのですが、入園面接の時、スカートをバタバタさせたり、とても落ち着きがなったそうです。2歳下の妹も白百合でしたが、こちらは完璧だったみたいです。

とにかく私は口げんかの強い子でした。その最大の被害者は妹だったようですが(笑)。おしゃべりで、奔放に育ちました。

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら