化学・生物五輪2冠 ゴールなく続く「なぜ」に喜び栄光学園高校3年 末松万宙さん

――将来の進路をどう考えていますか。

「理科の分野で人々の役に立つような仕事がしたいと漠然と考えていますが、今は興味のあることがたくさんあって、具体的に何をやるのか決められません。物理も面白いですし、大学に入ってからも面白いことがたくさん出てくると思うので」

「昔、新薬を開発して世界中の難病の人を助けたいという夢を思い描いたことがあり、それは今も自分に影響を与えていると思っています。(薬剤師の)母の影響も多少あるのですが、幼心に思ったのは、一人ひとり治療することも重要ですが、根本的な解決のためには新しい治療法や薬をつくることが大切になるということでした」

小4で実感した「世界は広い」

――「世界」や「根本的な解決」を意識したのは、どうしてですか。

「小4のときに(受験塾『四谷大塚』主催の)『全国統一小学生テスト』で上位入賞し、副賞の米国研修旅行に参加した経験が大きかったと思います。ハーバード、エールといった主要大学や高校を見学したり、(『奴隷解放宣言』を発した第16代大統領をたたえる)リンカーン記念堂を訪ねたりしたのですが『やっぱり世界は広い』『世界にはこんな人もいるんだ』と衝撃を受けました」

――日本の高校生は他国に比べ、将来の夢を持っていない、あるいは、自分で社会を変えられると思っていないとの結果が出た19年の調査(日本財団「18歳意識調査」)があります。そう思いますか。

「社会を変えられると思っているかどうかわかりませんが、自分の周りには研究者になる夢を持っている人が多いですね。自分の好きな分野を研究し、成功をおさめる。成果を残して、社会に貢献したいと言っている人が多いと思います」

同世代の著名人では将棋の藤井聡太二冠のことが「わりと話題になるので、気になっています。将棋はルールがわかるくらいですが」(20年9月5日、栄光学園)

――5年後、10年後の世界のイメージは。人工知能(AI)をどうみていますか。

「難しいですが、少なくとも今とは全然違う世界になっていると思います。情報技術がめざましく発展して、なんでもオンライン化していたり。AIは脅威になるとは思っていなくて、技術のひとつとして捉えています。どの分野にも関係してくるので関心はあります」

――これまで最も印象に残っている『発見』を。

「高1のとき、水と食塩水のどちらによりミョウバンが溶けるかという実験をやったんです。ある受験問題で『水にも食塩水にも同じようにミョウバンが溶けると仮定して考えなさい』という設問があって『本当かな、水の方がよく溶けるのでは』と感じたのがきっかけで、プランを立てました。ところが実験では食塩水の方がよく溶けた。これって直観に反するじゃないですか。あとから調べると、その理論的な仕組みは知られていたことなのですが、そのときは驚くというより、信じられない。別の実験で確かめようと考えたし、こういうときは、とにかく『なんで』と理由が知りたくなるんです」

「サイエンスは終わりがない。学んでいったら、どんどんわからないことが増えていって、また知りたくなる。ゴールがなく、ずっと続けられる。全体を把握することはできなくても、部分部分で新しいことを知ることができる。それが喜びなので(明確なゴールがないといって)つらくなることはありません」

(聞き手 天野豊文、撮影 高井潤)

末松万宙
2002年、横浜市生まれ。地元の公立小から栄光学園中学高校(神奈川県鎌倉市)に進学。物理研究部環境化学班に所属し、高2のときには会計を担った。そろばん2級。名前は「広く大きな存在になってほしいという思いを込めて両親がつけてくれた」。好物はオムレツなど卵料理。

◇  ◇  ◇

コロナ禍で4分野がリモート開催

「国際科学オリンピック」は毎年7分野で開かれる大会の総称。20年はコロナ禍のため化学・生物学・情報・数学がリモート開催となり、地学・地理・物理は実施が見送られている。各大会とも成績上位からおおむね1割の生徒に金、次の2割に銀、次の3割に銅メダルが授与される(約6割が受賞)。化学・生物学・地学では同一人物の代表選出は1度限り。2つの大会で金メダルを受けた日本代表は過去にもいたが、化学・生物学の組み合わせは末松万宙さんが初めて。

生物学五輪の実験試験ではパソコン端末を利用(20年8月11日、東京・千代田の科学技術館)

日本が20年大会のホスト国となっていた生物学五輪は、長崎県での開催が中止されたが、日本側が初のリモート方式を提案し、実現した。53カ国・地域から予選を通過した202人が参加し、8月11~12日に自国の会場で合計10時間半に及ぶ理論・実験試験に臨んだ。パソコン端末を利用した実験試験ではデータ解析力を問うバイオインフォマティクス(生物情報科学)からの出題があった。

日本代表は末松さんのほか、金久礼武(かねひさ・れん)さん(高知学芸高3年)、川本青汰(かわもと・せいた)さん(洛北高3年)、松房愛実(まつふさ・まなみ)さん(桜蔭高3年)の3人が銀メダルを受賞した。

今大会は試験に続き「国際交流プロジェクト」を実施。異なる出身国・地域の生徒がチームを組み、「感染症」「ゲノム編集」などテーマ別に分かれ、リモートで共同研究する。研究成果の中から優秀作が12月に選定される。

7月の化学五輪では日本代表の4人全員が銀メダルを獲得。受賞者は相哲人(あい・あきと)さん(麻布高3年)、柴山礼寛(しばやま・れお)さん(久留米大付設高3年)、林璃菜子さん(はやし・りなこ)さん(南山高女子部2年)、吉田悠真(よしだ・ゆうま)さん(灘高2年)。

物理の日本代表5人は代替措置として7月の「ヨーロッパ物理オリンピック」にリモート参加。小野祐(おの・たすく)さん(甲陽学院高3年)と辻圭汰(つじ・けいた)さん(岐阜高3年)が金、北川陽斗(きたがわ・はると)さん(滝高3年)と平石雄大(ひらいし・ゆうだい)さん(海陽中等教育学校6年)が銀、佐々木保昂(ささき・やすたか)さん(東大寺学園高3年)が銅メダルに輝いた。

今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
注目記事
今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録