前立腺がんはおとなしいはホント? 5年生存率の実像

日経Gooday

答えと解説

正解(前立腺がんの5年生存率)は、(5)99%です。

前立腺がんは男性に見られる代表的ながんです。「歳をとると増える」「進行が遅く、おとなしいがん」といった印象を持っている人も多いでしょう。

前立腺がんは、恥骨の裏側にあり、栗のような形をしている「前立腺」に発生するがんです。がんの部位別死亡数で見ると、前立腺がんは男性の第6位(2017年のデータ)、罹患数では第4位(同2014年)となっています。

日本人男性では、がん全体のおよそ14%を占め、高齢男性でよく見られます。がん以外の原因で亡くなった人を剖検(ぼうけん:亡くなった方を解剖して、死因や診断の正しさ、病気の進行などを調べること)すると、実は前立腺がんがあったことが確認されることも多くあります。

がん予防のプロフェッショナルで、がん予防の著書も多く手がける、国立がん研究センター 社会と健康研究センター センター長の津金昌一郎さんは、「前立腺がんは進行が比較的ゆっくりで、寿命に直接影響を及ぼすことがないこともあります。かなり進行していても、適切な対応によって、日常生活を長く続けることができるがんでもあります。つまり、高齢になるほど高い確率で見つかるがんではありますが、知らずにかかっていて、直接死には影響することが少ないのが、前立腺がんなのです」と話します。

国立がん研究センターが、日本において、一定年齢までに前立腺がんで死亡する確率を推計したところ、70歳までに死亡する確率は0.12%、80歳までは0.50%、生涯で見ても1.33%となっています(2017年の人口動態統計のデータより推計)。

前立腺がんはステージ3でも5年生存率は100%

前立腺がんは、「5年生存率(相対生存率)が高い」傾向が見られます。

5年生存率は文字通り、発見から5年後の生存率を示す数字で、100%に近いほど5年後に生存している比率が高くなります。2010~2011年におけるデータでは、前立腺がんは98.8%となっています(がん診療連携拠点病院等院内がん登録生存率集計データ)。4割程度の肺がんや肝臓がん、1割を切る膵臓(すいぞう)がんと比べるとかなり高いことが分かります。

男女計の5年相対生存率(2010-2011年の診断例)。がん診療連携拠点病院等院内がん登録生存率集計の2010-2011年のデータより作成。なお、がん診療連携拠点病院の生存率のデータは、地域がん登録と比べてやや高めの数値になる。

5年生存率を、がんの進行度合い(ステージ1~4)ごとに見ていくと、前立腺がんはステージ1から3までの5年生存率が100%となっています。

ステージ別の5年相対生存率

男女計のステージ別の5年相対生存率(2010-2011年の診断例)。がん診療連携拠点病院等院内がん登録生存率集計の2010-2011年のデータより作成。なお、がん診療連携拠点病院の生存率のデータは、地域がん登録と比べてやや高めの数値になる。

前立腺がんの罹患率が急増しているワケ

前立腺がんの罹患率は1970年代から一貫して増加傾向にありますが、2000年代前半に急増しています。この急増には「PSA検査の普及」が関係していると考えられています。

PSA(前立腺特異抗原)は、前立腺から精液の中に分泌されるたんぱく質の一種で、血液を採取してPSAを調べるのが「PSA」検査です。前立腺がんになると血液中から検出されるため、腫瘍マーカーとして使われています。人間ドックの血液検査のオプションとして追加できるほか、自治体によっては無料で受けられるところもあります。

「前立腺がんは『がんにかかった状態で生涯を終えることの多いがん』なのですが、PSA検査の普及によって、前立腺がんが発見される機会が増えているのです。近年ではPSA検査によって『発見しすぎること』の是非が議論されるようになっています」(津金さん)

なお、PSA値は前立腺肥大症でもある程度高くなります。このため、PSAが基準値以上でも、必ずしも前立腺がんがあるとは限りません。

[日経Gooday2020年8月17日付記事を再構成]

注目記事
今こそ始める学び特集