10万~50万円スーツにこの時計 格とお値打ち度で選ぶ

MEN’S EX

2020/9/19
MEN'S EX

装いに合わせた時計のキャラクター選びも大切だが、“同格”という言葉が示すように、時計とスーツ、互いの“格”を合わせることも重要だ。その一つの目安がプライスバランス。ここでは、格とお値打ち度のバランスも考えつつ、3つの基準セットを考えてみた。




品質と格に妥協しない、真のエグゼクティブに

Around 100万円SET SUIT/[30~50万円]が中心価格

30万~50万円以上の、いわゆるメゾン系やイタリア最高峰のサルトリアのスーツを着るならば、手元にはせめて50万~70万円台の時計をつけたいところ。なにせ、オリジナルのカッティングや伝統技法はもちろんのこと、最高級の生地と仕立てのこだわりで極上の着心地とオーラを纏えるスーツだ。左に挙げた時計なら、そんなスーツに負けることもなく手元で堂々たる風格を醸し出してくれる。

例えば……

TOM FORD(トム フォード)

本格的なテーラードスタイルに同ブランドらしい大胆なシルエットやラインを反映。世界中のセレブを魅了している。こちらはダニエル・クレイグ主演の映画『007 スペクター』用に製作されたモデル、「007オコナー」 49万円(トム フォード ジャパン) その他〈参考商品〉

そのほかにも、DUNHILL(ダンヒル)、 Ermenegildo Zegna(エルメネジルド ゼニア)、 GIORGIO ARMANI(ジョルジオ アルマーニ)、STILE LATINO(スティレ ラティーノ)、 Cesare Attolini(チェザレ アットリーニ)、 ISAIA(イザイア)etc.

ドレス派には ……

CHOPARD(ショパール)

クラシック

小ぶりな2針モデルは、ドレスウォッチの手本。ラッカーを重ねた質感豊かな白ダイヤルにゴールドの植字インデックスが映える。日付なしの手巻きムーブ搭載は、マニア好み。手巻き。径36mm。18KRGケース。アリゲーターストラップ。 66万5000円(ショパール ジャパン プレス)

GLASHUTTE ORIGINAL(グラスヒュッテ・オリジナル)

シックスティーズ アニュアルエディション

1960年モデルが規範のレトロなダイヤルを、グレイシャーブルーのグラデーションで仕立てた。繊細な色味は、手作業によるラッカー仕上げ。ヌバックのストラップも、お洒落だ。2020年期間限定生産。自動巻き。径39mm。SSケース。カーフストラップ。 77万円(グラスヒュッテ・オリジナル ブティック銀座)

ROLEX(ロレックス)

オイスター パーペチュアル デイトジャスト 36

1945年誕生のロングセラーの王道モデルは、小ぶりな36mmがスーツにはベストマッチする。普遍のスタイルはそのままに、昨年ムーブメントを一新。搭載する新型Cal.3235は、約70時間駆動で利便性がより高い。自動巻き。径36mm。SSケース&ブレスレット。 67万6000円(日本ロレックス)

ZENITH(ゼニス)

エリート クラシック

自社製の薄型自動巻きを積むシンプルな3針が今年一新! ダイヤルのサンレイはより深く、ケースはわずかに拡大されて、上品さと力強さを両立させた。自動巻き。径40.5mm。SSケース。アリゲーター+ラバーストラップ。63万円(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)

ON⇔OFF兼用派には……

OMEGA(オメガ)

コンステレーション マスター クロノメーター

エレガントなコレクションをリニューアル。ローマ数字を刻むベゼルとそこに置く4本爪は、ともにスリムになって一体感を増し気品を高めた。追加したストラップ仕様は、エレガントさがより高い。機械も超耐磁へと進化。自動巻き。径39mm。SSケース。アリゲーターストラップ。 63万円(オメガお客様センター)

SEIKO(セイコー)

1965メカニカルダイバーズ 復刻デザイン プロスペックス SBEX009

初代ダイバーズの姿を再現し、ダイヤルは新色ブルーグレーで深海をイメージした。ケースは耐蝕性が高い新素材製。限定1100本。自動巻き。径39.9mm。エバーブリリアントスチールケース。シリコンストラップ。 65万円(セイコーウオッチお客様相談室)

TAG HEUER(タグ・ホイヤー)

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー16 クロノグラフ

メゾンを代表する定番クロノが、ブラックMOPで表情豊かに装った。インダイヤルもブラックとしたシックな仕立てはスーツにも似合う。日本限定500本。自動巻き。径41mm。SSケース&ブレスレット。 50万5000円(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー)

Watch Special 2020

日経電子版 NIKKEI STYLE Men's Fashion 「Watch Special 2020」では、注目の腕時計新作、最新トレンド、インタビュー、ビジネスパーソンのための腕時計基礎講座など、多彩なコンテンツを提供しています。

>> Watch Special 2020はこちら

次のページ
ライフスタイル全体にこだわりを持つバランスタイプに
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2020
Instagram