2020/9/10

革靴のおしゃれ まず基本をおさえる

足元が決まっていないと、きちんとしたスタイルは完成しません。学生時代はずっとスニーカーだったという人も、社会人になって革靴をそろえるはずですが、最初にそろえるべきスタンダードな靴とは何でしょうか。革靴であっても最近は防水性や歩きやすさといった機能性を高めた新作が続々登場しています。服飾評論家の石津祥介さんと「リーガル」を訪れ、靴選びのポイントを聞きました。

同じプレーントゥでもつま先で表情が異なる。右は丸みがあり、左は細くとがり気味
横から見ると違いが一目瞭然。最近は左のようにノーズの長いタイプが好まれるという

【記事はこちら】リーガルではじめの1足探し(上)「新社会人よ、最初の1足はプレーントゥ」石津祥介氏

◇   ◇

「ビジネスマンはやはり、トラッド靴を大事にしてほしい」と話す石津祥介さん(東京都中央区のREGAL日本橋)
手前はひもなしで、ゴルフシューズのようにダイヤルで締める。奥はソールが3層構造になっている

【記事はこちら】リーガルではじめの1足探し(下)「スニーカーブームが革靴を進化させた」石津祥介氏

靴も機能勝負に 足にやさしく、雨でも安心

最近のビジネスシューズはオン・オフ兼用で履けるデザイン性と機能性を併せ持つものがトレンドとなっています。登山靴ブランドが手掛けるひも靴や、はっ水性に富んだ革靴など、全天候型の商品のラインアップが充実しています。百貨店の担当者におすすめを聞きました。

バーウィックの靴は3万3000円とお手ごろ価格も魅力
パラブーツは黒、ダークブラウン、ブラウンの3色展開。各7万1500円

【記事はこちら】新生活におすすめ革靴 機能進化、ビジカジにフィット

大人の白スニーカー 知る人ぞ知る1足を選ぶ

ビジネススタイルでも定着したスニーカー通勤。軽快感を出すならばやはり、白を選びたいですよね。気になるのはレザーの白スニーカー。大人ならではおしゃれで差がつく1足を、プロに選んでもらいました。

フランスで2005年に設立されたVEJAの一足。オーガニック素材を中心に使用し、生産背景にもこだわっている。アッパーにはエコレザーを使用。2020年春夏コレクションで、世界的なモードブランド「リック・オウエンス」とコラボレーションしたことでも話題となった。VEJA / ESPLAR 1万7600円(税込み)
英国のエベレスト登頂隊が使うシューズも手がけた老舗ブランドの一足だ。アッパーはスエードと防水素材「ベンタイル」生地とのコンビネーション。アウトソールはビブラム社のものを採用している。WALSH / TORNADO VENTILE L24 2万2000円(税込み)

【記事はこちら】レザーの白スニーカー 「ひとと違う」1足を選ぶなら

高級ブランドの白スニーカー、意外にシンプル

大人の白スニーカーで、ラグジュアリーブランドに挑戦したい人はこちらを参考に。キャンバス地とは違う上質なレザーを使った、エルメスや、ルイ・ヴィトンのスニーカーは、エレガントで上品。スーツに合わせてもキマります。

▲ 10万3000円/エルメス(エルメスジャポン)
▲ 11万7000円※予定価格/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)

【記事はこちら】大人の白スニーカー エルメスやルイ・ヴィトンの新作

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2022
SPIRE
次のページ
かばんや靴、小物…おしゃれの名脇役