コロナ禍で変わるテレビ生活 視聴も「おひとり様」へ大河原克行のデータで見るファクト

コロナ禍でテレビの視聴スタイルに変化が起きている。

パナソニックが20~50代女性の600人を対象に2020年7月に実施した調査によると、テレビ視聴時間が増えたという回答は55.5%に達した。このうち「1日当たり1時間以上増えた」という人の合計は85.3%、「3時間以上増えた」という人も全体の30.0%いた。在宅時間の増加が背景にあるが、とくに「子供が自宅にいると視聴時間が増える」という声に代表されるように、家族と一緒の時間を過ごす上で、テレビは有効なツールになっているようだ。

東芝映像ソリューション(青森県三沢市)の調査でも同様の傾向が出ている。同社の薄型テレビ「REGZA」シリーズの視聴履歴データを基に集計したところ、19年12月を100としたテレビ視聴時間は、20年4月は115、同5月は110に伸びたという。

同社の調査で特徴的なのは、テレビでネット動画を視聴している人が大幅に増えていること。テレビでのネット動画視聴時間は19年12月を100とした場合、20年4月は159、同5月は177に上昇したという。具体的には、19年12月は1日55.5分だったものが、20年4月には88.5分に、同5月には98.2分にまで増加した。

これに対して、テレビでの地上デジタル放送とBS・110度CS放送の視聴時間は19年12月を100とした場合、20年4月は110、同5月は100と大きくは変化していない。

調査会社Gfkジャパン(東京・中野)の調べでは、24~40型の中小型テレビの販売が好調で、20年6月には前年同月比23%増となった。東芝映像ソリューションは「リビングにある大型テレビで、家族と一緒に地デジやBS/CSの番組を見るといった従来型の視聴スタイルとは別に、コロナ禍によって自分専用のテレビでネット動画を見るという新しいスタイルが台頭しているのではないか」と指摘する。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
防水やネット動画13種など、個人視聴向けテレビ続々
MONO TRENDY連載記事一覧