「座りっぱなし」は健康むしばむ がん死亡リスク高く

日経Gooday

がんで死亡したグループの1日の座位時間は13時間

がんで死亡した人たちのグループをそうでない人たちのグループと比べると、がんで死亡したグループは高齢で、男性が多く、喫煙者が多く、冠動脈疾患(心筋梗塞や狭心症)歴のある患者が多く、さらに、座位時間の合計が長くなっていました。1日当たりの合計座位時間の平均は、がんで死亡したグループは777.3分で、そうでないグループの741.8分より約35分長くなっていました。1回当たりの座位持続時間(中断なしに座り続けた時間)の平均は14.0分と11.4分でした。軽い運動を行った時間は、1日当たり154.8分と189.2分、中強度から高強度の運動を行った時間は7.9分と13.4分で、いずれもがんで死亡したグループで少なくなっていました(全て統計学的な有意差あり)。

座っている時間の合計が最も短い人から最も長い人までを一列に並べて3等分し、最低三分位群(2667人)を参照群として、第2三分位群(2668人)、最高三分位群(2667人)のがん死亡リスクを比較しました。

年齢、人種、性別、居住地域、学歴、加速度計を装着した季節、喫煙習慣、飲酒習慣、BMI(体格指数)、糖尿病、高血圧、脂質異常症、冠動脈疾患歴、脳卒中歴、中強度から高強度の運動を考慮して分析したところ、最低三分位群に比べ、第2三分位群と最高三分位群のがん死亡リスクは有意に高いことが明らかになりました(表1)。

表1 座位時間とがん死亡リスクの関係

 中強度から高強度の運動時間も考慮した分析であることから、中強度から高強度の運動を日常的にしているかどうかにかかわらず、座位時間とがん死亡リスクの間には有意な関係があることが示されました。

同様に、座位持続時間とがん死亡リスクの関係を調べました。座位持続時間が長いほど、がん死亡リスクが高い傾向は見られましたが、有意な関係は示されませんでした。

続いて座位時間の合計を連続する変数と考えて、がん死亡との関係を検討したところ、座位時間が1時間延長するごとに、がん死亡リスクは16%上昇することが示唆されました。

著者らはさらに、座っている時間を運動に置き換えた場合の利益を推定しました。座位時間を30分減らし、その間に軽い運動を行うと、がん死亡リスクは8%低下し、30分間の中強度から高強度の運動に置き換えると、がん死亡リスクは31%低下すると推定されました。

論文は、2020年6月18日付のJAMA Oncology誌電子版に掲載されています[注1]

[注1]Gilchrist SC, et al. JAMA Oncol. 2020 Jun 18;e202045.

[日経Gooday2020年7月22日付記事を再構成]

大西淳子
医学ジャーナリスト。筑波大学(第二学群・生物学類・医生物学専攻)卒、同大学大学院博士課程(生物科学研究科・生物物理化学専攻)修了。理学博士。公益財団法人エイズ予防財団のリサーチ・レジデントを経てフリーライター、現在に至る。研究者や医療従事者向けの専門的な記事から、科学や健康に関する一般向けの読み物まで、幅広く執筆。
注目記事
今こそ始める学び特集