「投資は今がチャンス」ソフィアバンク代表の藤沢久美さん

藤沢久美(ふじさわ・くみ)氏 1967年、大阪府生まれ。96年に日本初の投資信託評価会社を起業。2000年にシンクタンク・ソフィアバンクの設立に参画し、13年に代表就任
藤沢久美(ふじさわ・くみ)氏 1967年、大阪府生まれ。96年に日本初の投資信託評価会社を起業。2000年にシンクタンク・ソフィアバンクの設立に参画し、13年に代表就任

日本経済新聞社(東京・千代田)と女性向け動画配信のC Channel(Cチャンネル、東京・港)が立ち上げた働く女性を応援するメディア「newme」。金融や政治など各分野のプロフェッショナルをゲストに招き、従来の概念にとらわれない生き方を選ぶために必要な情報を提供していきます。

初回のゲストはシンクタンクのソフィアバンク代表でJリーグの理事も務める藤沢久美さん。連載2回目の今回は「投資初心者が今すべきこと」を教えてもらいます。

投資は今がチャンス

――老後2000万円問題で投資に興味を持つ人が増えた一方、新型コロナウイルスで先行きは不透明です。今の状況はどうとらえれば良いでしょうか

「投資の観点から言うと、今はものすごく楽しみな時です。なぜなら、新型コロナで世の中の常識ががらっと変わったから。これからすごく成長する企業、ダメになる企業の2つに分かれていくでしょう。それを見極められたら株を買って大きく値上がり益が得られる、そういう時期に入っていると感じています。だからむしろ今はチャンスです」

初心者こそ投信がオススメ

――ずばり初心者は何から始めたらいいですか

「実は初心者にこそ投信はオススメです。なぜかというと、株式だとどの会社の株を買ったらいいかわからないですよね。上がる株1つを選ぶというのは本当に難しい。どの会社がこれから成長するのかを調べないといけないからです。それに対して投信は投資のプロが上がりそうな株をパッケージにしたものです。プロが選んだものに投資をするということなので、自分で投資をしなくてもいいというメリットがあります」

――投信を選ぶ際のポイントは

「これは好みによりますが、選ぶのが難しいという人は、世界中の株や債券などに投資するバランス型を選べばいいと思います。株よりも値動きせず、預金よりもちょっと高い金利がつくかなという感じです。もし特定の国や地域が成長すると考えるなら、そこに集中的に投資する投信を選ぶのも良いでしょう。そこは自分で選ぶことができます」

「世界中の株式を『幕の内弁当』のようにパッケージにしている投信もあるので、それを毎月1万円買っていれば私はいいかなと思います。お金はさみしがりやなので、世界のどこかでたくさん仲間がいるところをぐるぐる回っているんです。世界中に投資しておけば、どこかに集まっているお金に投資していることになるので、日本だけに投資しているよりもリスクは小さくなります」

まずは毎月1万円からコツコツ始めよう

――毎月いくらを投資に回すべきでしょうか

「初めは怖いでしょう。だったらとにかく1万円でも毎月積み立てるという最低ラインから始めてみればいいと思います。『なんだこんな感じか』とわかってきたら、少しずつ額を増やしていけばいいんです。だから最初から勉強して、きちんと必要な額を投資に回そうとなんて全く思わなくて大丈夫です。まずは1万円から始めてみる。やっぱり怖いと思ったらやめればいい。私は今でも投信は毎月積み立てています」

YouTube動画はこちらから

(この企画は日経とC Channelが共同で展開しています)

今こそ始める学び特集
今こそ始める学び特集