Web会議で見栄えがいいのは 外付けカメラ4製品比較

日経トレンディ

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA
日経トレンディ

仕事で使用しているパソコンにウェブカメラが付いていなかったり、あるいは付いていても解像度が低かったりと悩んでいる人もいるだろう。テレワークが長期化する中、オンラインでの打ち合わせや会議で「見栄え」を少しでも良くしたければ、外付けのウェブカメラは必須だ。そこで解像度が「フルHD(1920×1080ドット)」以上のウェブカメラ4モデルを比較した。

画質は家庭とほぼ同じやや暗めの部屋で背面が壁(室内A)、背面が窓(室内B)の2条件で静止画や動画をカメラで撮影。解像感や視野角、逆光時の顔の明るさなどを検証した。USB接続したパソコンで直接キャプチャした他、Teamsでのビデオチャットでも検証した

実際の家庭を想定したやや暗めの環境で、オンライン会議や画質を検証してみたところ、最も解像感が高かったのは「Logicool StreamCam C980」(ロジクール)だった。髪の毛やまぶたなど、カメラに映った人物の顔の細かい部分まで描写できており、立体感はまずまず。視野角が78°と広く、手先を入れてのジェスチャーなどが伝わりやすい。家族での「オンライン帰省」など複数人を映す用途にも向いていそうだ。

設置性は◎。C922nとほぼ同じ機構を採用したスタンドで安定感があり使いやすい。カメラをはめるマウント部は左右方向に首振りもできる。三脚穴が開いた交換用マウントも付属する。
●サイズ(幅×高さ×奥行き)/58×85×48ミリ●重さ/222グラム●ケーブル長/1.5メートル●最大解像度/1920×1080ドット●最大フレームレート/60fps(1920×1080ドット)

解像感で続くのは「ASUS ROG Eye」(ASUS JAPAN)だ。C980には及ばないが精細感のある画質で、逆光の環境には最も強かった。色調はやや赤みがかっており、視野角も狭いが、自動認識した人物の顔部分を破綻のない範囲で明るく描写できていた。

設置性は○。スタンド部を外して使うこともできる。本体の関節で液晶ディスプレーを挟む仕組みだが、やや不安定で角度調節などが難しかった。三脚穴はスタンド部の底面にある。
●サイズ(幅×高さ×奥行き)/81×16.6×28.8ミリ ●重さ/118グラム●ケーブル長/2メートル●最大解像度/1920×1080ドット●最大フレームレート/60fps(1920×1080ドット)※視野角は実測値
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧