powered by 大人のレストランガイド

都心のパノラマと共に 「忘れ去られたパスタ」味わう

ピニェートのルーフトップテラスからの都心のパノラマもごちそうだ
ピニェートのルーフトップテラスからの都心のパノラマもごちそうだ

眼下に広がる都心の絶景を愛(め)でながら、グリル料理やピザ、ワインなどを気軽にライブ感覚で楽しめるスポットが東京・大手町のオフィス街の一角に誕生した。9月にオープンした「フォーシーズンズホテル東京大手町」のイタリアンオールデーダイニング「PIGNETO(ピニェート)」がそれだ。イタリア出身のベテランピザ職人らが腕を振るう。今では口にするのが難しい昔ながらのパスタも是非、味わってみてはどうだろう。

店内に一歩足を踏み入れると、一大パノラマと7メートルの天井高の洗練された空間にまず驚かされる。窓ガラスの向こうには皇居の美しい森や林立するオフィスビル、東京タワーが眼下にできる。お堀端にそびえる高層ビル「OTEMACHI ONE タワー」の39階に位置する店だけある。

店名のピニェートはローマ市内にある実際の地区の名前にちなむ。おしゃれなレストランやトラットリア、バルなどが数多く立ち並び、古き良きローマの雰囲気が漂うエリアという。

天井の高さや4つのオープンキッチンが目をひく

そのイメージを具現化した店内には、「サルメニア(生ハムなど)」「パスタ・グリル」「ピザ」「デザート」と4つのオープンキッチンがあり、さながら「屋台」のようにも思えてくる。各オープンキッチンでは厨房スタッフらが、腕を振るう様子がライブ感覚で楽しめる。今はコロナ禍でかなわないが、各キッチン付近でスタッフらと本来はコミュニケーションもでき、それが粋なスパイスになるにちがいない。

総料理長はイタリア出身のマルコ・リーヴァ氏だが、実質的に厨房を仕切るのは木川欣宏シェフ。北はミラノから南はシチリアまでイタリア各地で修業を重ね、直近はローマの三つ星レストランで5年働いてきた経験の持ち主だ。

忘れ去られたパスタの代表格の1つ、ガルガネッリ

日本に数多くあるイタリア料理店だが、この店では「忘れ去られたパスタ」を復刻しメニューに加えている点が何といっても特徴だ。木川シェフが現地の料理書を紐(ひも)解き、レシピに起こしたり、実際に自分が目にし、口にしてきた味を再現し復刻させた。

「イタリアンダイニングで多く提供されている典型的なパスタではなく、遠く離れたイタリアへのノスタルジアと新たな知見を融合させた特別でオーセンティックなパスタを提供したい」。忘れ去られた味の復刻の狙いについて、木川シェフは説明する。くるみやイチジクなどを合わせた「ガルガネッリ」(2700円)もその代表格の一つ。こってりと濃厚な味わいは、日常おなじみのイタリアンとは一味違う。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト