実在したのか? 幻のバビロンの空中庭園の謎を追う

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

古代の様々な著述家の文章からヒントを得て作成された、緑に覆われたバビロンの空中庭園の想像図(3D GRAPHIC KAIS JACOB)

紀元前225年ころ、ギリシャの数学者であったフィロンという人物が、七つの「見るべきもの」のリストを作成した。今日、世界の七不思議として知られるものだ。ギザのピラミッド、オリンピアのゼウス像、エフェソスのアルテミス神殿、ハリカルナッソスのマウソロス霊廟、ロドス島の巨像、アレキサンドリアの大灯台、そして最も謎に満ちたバビロンの空中庭園だ。

現在、ほぼ無傷で残っているのは、紀元前2000年代に建築されたと考えられているギザのピラミッドのみ。残り六つのうち五つは消滅したり、廃墟となったりしているが、いずれも文書や考古学的証拠が豊富に存在し、単なる伝聞や伝説ではなく、かつて実際に存在したことがわかっている。

中でも、バビロンの王、ネブカドネザル2世によって築かれたとされるバビロンの空中庭園は非常に不可解だ。庭園の跡らしきものが見つかったことはないし、バビロニアの文書にも一切記載がないのである。考古学者たちは今なお、庭園が本当にバビロンにあったのか、一体何がそこまで特別だったのかと問い続けている。「空中」とは何を意味し、どのような外観で、どうやって水を引いていたのか。つまり、そもそも実際に存在していたのだろうか、と。

どんな庭園だった?

バビロンを除き、フィロンのリストに記された建造物は全て、ヘレニズム文化が浸透していた東地中海の内側ないし近辺にある。しかし、空中庭園はそのずっと東、「ユーフラテス川の向こうにあるペルシャ人たちの土地」にあると書かれている。

バビロニアとペルシャは、フィロンが記録に残すおよそ100年前に、アレクサンドロス大王によって制圧されている。ギリシャ文化は中央アジアにまで入り込んでいたが、それでもバビロニアの建造物は、フィロンの文章を読んだ者にとってエキゾチックな、遥か遠い異国のものとして感じられたはずだ。

フィロンによればその類まれな空中庭園は、石柱の上にヤシの梁が渡された土台の上に作られていた。格子状に組まれたヤシの梁に土が厚くかぶせられ、多種多様な木々や花々が植えられて、「見る者の頭上に浮く、大規模な栽培の成果」なのであるという。

この庭園の素晴らしさはまた、植えられた植物の多様性にもあった。「そこにはありとあらゆる花、最も美しく、最も目を楽しませる花々がある」。灌漑(かんがい)システムも感嘆の対象だった。「たくさんの大きな容器に集められた水が、庭園全体に行き届く」

その後、空中庭園について述べる著述家は大勢登場した。紀元前1世紀の地理学者ストラボンと歴史家ディオドロスは、いずれも庭園を「驚異」と記している。

ディオドロスは著書『歴史叢書』において、庭園に関する非常に詳細な記述を残した。フィロンと同様に、壮大な「梁」の構造に触れ、これらは「大量の瀝青の中にアシを重ねた」ものからなると書いている。「この上に2層の焼きレンガが重ねられてセメントで固められ、それがさらに鉛で覆われて3層目となり、土の水分が下に漏れないようになっていた」

ディオドロスによれば、こうした層が階段状になっていた。「あらゆる樹がところ狭しと植えられ、その大きさや、それ以外の魅力によって見る者を楽しませる」。また、「川の水を大量に汲み上げる機械によって」水が引かれていたという。

最初期の記述は

歴史学者たちの調査によって、バビロンの空中庭園について最初に書かれたのはアレクサンドロス大王の治世かその直後のギリシャだったことがわかった。たとえば、ディオドロスとストラボンはいずれも、アレクサンドロスのお抱え歴史家でアリストテレスの子孫であったカリステネスが、紀元前4世紀に残した記述を引いている。ディオドロスの『歴史叢書』における庭園の記述は、アレクサンドロス大王の伝記を書いたクレイタルコスの著書を元にしていると考えられている。

注目記事
次のページ
古代の書物に多い混同
今こそ始める学び特集