森崎ウィン パイロットの夢かなえたジョイスティック

海外に行く機会が増えて、パイロットになる夢が再燃したという森崎ウィンさん。楽しげに飛行機ゲームの魅力について語ってくれた
海外に行く機会が増えて、パイロットになる夢が再燃したという森崎ウィンさん。楽しげに飛行機ゲームの魅力について語ってくれた

2018年にスティーブン・スピルバーグ監督『レディ・プレイヤー1』でハリウッドデビューを果たした俳優で歌手の森崎ウィンさん。ミャンマー出身、ゲーム好きの彼のお気に入りは、ゲーミングデバイスブランド「Thrustmaster」のジョイスティックだった。

飛行機の操縦かんと同じ形のジョイスティック

「僕は小さい頃から飛行機が好きで、パイロットになるのが夢だったんです。でも、小学4年生のときに日本に来て、今の仕事を始めてからはしばらく忘れていて。その夢が、『レディ・プレイヤー1』で海外へ行く機会が増えたりした時に再燃したんです。

そこで始めたのは、『フライトシミュレーター』と呼ばれる飛行機のゲーム。僕はタブレットやスマホでできる『Infinite Flight』というアプリを使っているんですけど、これがいいんですよ。飛行機は好きなものを選べて、ボーイングやエアバスの旅客機はもちろん、戦闘機もある。僕が主に使うのは、大型旅客機のボーイング777。最近アップデートされて、コックピットの計器まで動くようになったんです。それがうれしい。

『Infinite Flight』で面白いのは、時間がリアルにかかるところ。例えば日本からミャンマーまで飛行機で6時間かかるとしたら、このアプリでも6時間かかるんです。その間、空の映像と、Google Earthで見るような地上の景色も楽しめます」

当初はタブレットを傾けて機体を動かし、画面に表示されるコントロールパネルでエンジンなどの設定を行っていた。しかし、すべてをタブレットで操作するのは不便だったという。

森崎さんが所有する「Thrustmaster」のジョイスティック

「操作中にどうしても画面が揺れてしまうので、リアリティーがないなと。本物の飛行機のように操縦したいと思っていたときに、ジョイスティックが使えることを知ったんです。それが2年くらい前で、4000~5000円くらいで買ったと思います。

使ってみたら、操縦かんになるだけでなく、スイッチがたくさんあって、カスタマイズもできる。僕は外側はギア、内側はフラップ、オレンジのボタンがブレーキ、というふうに配置しています。特に役立つのは、着陸するとき。僕は運航中は基本オートにしておいて、着陸態勢に入る3000フィートくらいまで降下したときに手動に変えるんです。そこから、エンジンの出力を抑えて、フラップ(翼の可動部分)を動かして、徐々に徐々に降下していく。そういう操作もやりやすくなって、よりパイロットに近づけた気がします。

あと好きなのは、本物の飛行機の操縦かんと同じ形になっていること。ボーイングはU字型なんですけど、エアバスの飛行機は、このジョイスティックの形なんですよ。これだけであの巨体を浮かべて操縦しているのかと思うと、すごい。僕らの夢を運んでいるところが、飛行機の魅力なんです」

「ジョイスティックは、操作がうまい人ほど、動かすのはわずかなものなんです。降下する時も、良いパイロットはエンジンの出力を落とすことで降下させていくので、操縦かんはあまり動かさないんです」
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
ノートがびっしりになった『妖怪人間ベラ』
MONO TRENDY連載記事一覧