「自由のために投資を始めよう」ソフィアバンク代表 藤沢久美さんに聞く働く女性を応援するYouTubeチャンネル「newme」 9月1日配信開始

老後2000万円問題をきっかけに資産形成への関心が高まる一方、リスクを恐れ株式投資をためらう人は少なくない。投資初心者が最初の一歩を踏み出すにはどういった点に注意すればよいのか。シンクタンクのソフィアバンク代表で投資信託の評価会社を起業した経験を持つ“投資のプロ”である藤沢久美さんに投資の始め方や投資初心者が購入しやすい金融商品などについて聞きました。

藤沢さん自身が投資を始めたのは投信運用会社の社員時代。「男女や年齢を問わず活躍できる会社」を起業するため、投信を毎月、購入することから始めたといいます。今でも投資を続ける理由は「好きなことをするため」といい、働く女性に対して「チャンスに飛びつけるように最低限のお金を用意することが自由になるためには必要だ」と指摘。投資信託などの金融商品を早めに購入し、少額でも少しずつ積み立てて、将来に備えることの重要性を説きます。

インタビュー動画は日本経済新聞社(東京・千代田)と女性向け動画配信のC Channel(Cチャンネル、東京・港)が9月1日に立ち上げるYouTubeチャンネル「newme」などを通じて配信します。また2日には藤沢さんのインタビュー記事をNIKKEI STYLEに掲載します。

newme編集長の金本氏

「newme」は「出会う。学ぶ。未来が変わる。次の一歩のヒントがここに。」をテーマに、金融や政治など各分野のプロフェッショナルをゲストに招き、女性が従来の概念にとらわれない生き方を選ぶために必要な情報を提供していきます。

YouTube動画はこちらから

(この企画は日経とC Channelが共同で展開しています)

今こそ始める学び特集
今こそ始める学び特集