あなたのライフプランは? テレワークの今、話し合うコロナの先の家計シナリオ ファイナンシャルプランナー 浅田里花

2020/9/1
写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

新型コロナウイルスによるテレワークで、家族が一緒に過ごす時間が増えたという家庭は多いでしょう。ファイナンシャルプランナー(FP)の浅田里花さんは「テレワークが可能な仕事であれば、夫婦・家族で家計やライフプランについて確認しあういいチャンス」としたうえで、「家族間の風通しがよくなれば、コロナの影響が決して悪いことばかりはなく、良いほうに働いたことの一つとして数えられる」と話します。

◇ ◇ ◇

いつもとはまるで様子が違った今年の夏休み。

・梅雨が長く7月が涼しかった
・休校による勉強の遅れを補うため、子どもたちの夏休みが短くなった
・花火大会など夏の恒例イベントが軒並み中止となった
・「Go To トラベル事業」にもかかわらず旅行や帰省をしなかった

など、夏休み気分を味わえなかった要因がたくさんあります。

「時間の使い方が変わった」

例年のような計画はできなくても、勤め人には所定の夏休みがあるので、ほとんど家で過ごした人も多いでしょう。また、コロナ禍でテレワークが続いている人も、家にいる時間が多いとともに、通勤や飲食などの付き合いに取られる時間が減ったことで、家族と接する時間が増えているはずです。

先日、プライベートで付き合いのあるグループのメンバーとオンラインミーティングを実施し、コロナ禍のなか、あえて良かったと感じたことを話し合いました。世代も家族構成もまちまちですが、多くのメンバーがテレワークを経験していたため、時間の使い方が変わったことが話題になりました。

注目記事
次のページ
夫婦のコミュニケーションが密に
今こそ始める学び特集