89年ぶり気温54.4度を記録 地球はどこまで暑くなる?

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

熱波が襲った米国カリフォルニア。エディー・ロペス氏と息子のエディー・ジュニア君がサンガブリエル川ではしゃぐ(PHOTOGRAPH BY ROBERT GAUTHIER, LOS ANGELES TIMES/GETTY IMAGES)

2020年8月16日、米国西部を熱波が襲い、カリフォルニア州デスバレーの気温は摂氏54.4度に達した。これは1931年以来の最高記録で、世界の観測史上で3番目に高い。

だが、地球の歴史をさかのぼれば、もっと暑い時代はあった。そして将来、再びそういう時代がくるだろう。その暑い時代は「温室期(ホットハウス・ピリオド)」と呼ばれる。現在の南極にあるような氷床が地球になかった時代で、大気中に温室効果ガスが過剰に供給され、地球の気温は現在よりもはるかに高かった。

今のところそこまでは達していないが、人間が排出する炭素は地球の気候を変え、熱波はその頻度と激しさを増している。つまり、デスバレーの高温記録がずっと塗り替えられない可能性は低いということだ。

灼熱の過去

意外に感じる人もいるだろうが、地質学者に言わせれば、地球は現在「氷河時代(氷室期)」にある。その中で、極地の氷床が増えたり減ったりという「氷期/間氷期」のサイクルを繰り返している(今のところ、北半球の氷床は、グリーンランドまで後退している)。今よりはるかに暑い世界とはどのようなものなのか、それを垣間見るためには、少なくとも5000万年前の始新世初期にさかのぼる必要がある。

「それは、地球が本当に温室化していた最後の時期です」と、米アリゾナ大学の古気候学者ジェシカ・ティアニー氏は話す。

現在、地球の平均気温は15.6度前後だが、始新世初期には21.1度ほどだった。地球は、別世界だった。極地に氷はなく、熱帯の海は35度もあり、まるで温泉のようだった。北極にはヤシの木が生い茂り、ワニがうろついていた。

さらに過去へさかのぼれば、より極端な温室期もあった。9200万年前、白亜紀の超温室期には、地球の表面温度は約29.4度に上昇した。この高温の時期は数百万年も続き、南極の近くには温帯雨林が繁茂していた。

米スミソニアン協会の予備研究によれば、2億5000万年ほど前、ペルム紀と三畳紀の境には、極端な地球温暖化現象が発生し、地球の平均気温は32.2度前後を推移する期間が数百万年も続いた。

その地獄のような時代に、地球は史上最悪の大量絶滅を経験した。熱帯の海は熱い風呂のようだった。ペルム紀の日々の気象データは知る由もないが、超大陸パンゲアの乾燥した内陸部では、先日デスバレーを襲ったような熱波は日常茶飯事だった可能性が高い。

「平均気温が高いほど、極端な熱波がより頻発するようになります」と、ティアニー氏は話す。

温室化する未来

地球の温室期には、どうやら1つの共通点がある。温室化に先立ち、膨大な量の温室効果ガスが大気中に放出されていたことだ。それは、火山の噴火で吐き出される二酸化炭素だったり、海底下から噴き出すメタンだったりした。

現在、人間は、これと同じことを地球規模で実験しているようなものだ。私たちは、埋蔵されていた膨大な量の化石炭素を燃やし、大気中の二酸化炭素濃度を上昇させている。そのペースは、恐竜が絶滅した6500万年前以降、いや、おそらくそのはるか昔からでも、見たことのない速さだ。

「過去の急激な気候変動を見ると、たいてい、私たちが今日行っているのと同様のメカニズムで起きています」と、米マサチューセッツ工科大学の地球科学者クリスティン・バーグマン氏は言う。「温室効果ガスの濃度が、かなり急速に変化しているのです」

注目記事
次のページ
金星と同じ運命をたどるのか?
今こそ始める学び特集