増える「SNS就活」 同級生や企業の動き探る情報戦就活探偵団

イラスト=強矢さつき
イラスト=強矢さつき

就職活動イベントもなく、学校も休みかオンライン授業が中心――。そんな新型コロナウイルスがもたらした日常のなか、就活生の情報収集のよりどころになっているのがツイッターやLINEなどのSNS(交流サイト)だ。志望する会社の選考状況やライバルの動きを検索力を駆使して探る。学生たちはどのように使いこなしているのか、探偵団が迫った。

2020年4月にメーカーの内定を獲得し就活を終えた、学習院大4年の女子学生。内定前はよくツイッターで、「#NNT(無い内定)」や「手駒 残り」など、ネガティブなワードを検索していた。

すると「また選考に落とされて不安」「手駒がなくなってきてどうしよう」などといった、他の就活生が書き込んだとみられるツイートが現れた。新型コロナの最初の感染拡大の波で外出自粛の動きが広がった頃だ。「自分が今の状況で大丈夫なのか、安心感を得たかった」と振り返る。

大学の授業は春からオンラインになった。本来は授業の合間に友人に就活の状況をさりげなく聞いていただろうが、オンラインでは「わざわざ連絡して、もしもどちらかが選考が進んでいたら気まずくなる」ため遠慮していた。そこでツイッターで、自分の就活が周囲と比べて遅れていないか確認したのだ。

リアルな場に代わり

「大学に行けなくなり、SNSの情報を頼っている」。明治大3年の男子学生はこのように語る。春から夏にかけて金融機関の夏季のインターンシップに応募するものの、周囲の選考状況が分からない状況だった。

ツイッターでは、受けている企業名に加えて「選考」のワードで検索。合格通知が来たという人のツイートを確認している。「銀行や保険会社は不合格のメールを送ってくれない『サイレント』の場合が多い。(大学に行けないので身近に)相談できる友人もいない」と打ち明ける。

「#22卒」「#就活生と繋(つな)がりたい」――。ツイッターではハッシュタグ付きで就活に関する言葉が飛び交っている。大学で日常的に友人と会う機会や合同説明会といったリアルな場が失われ、インターンなどでの同じ境遇の就活生との交流も減っている。そうした就活生が頼みの綱としているのが、ツイッターなどのSNSなのだ。

就職情報会社のディスコ(東京・文京)の調査によると、SNSを就活で使ったことがあると答えた学生は21年卒が62.4%で、20年卒と比べ1割増えた。最も利用率が高いのはLINEで45.9%、ツイッターが27.3%で続いた。LINEは20年卒比7.3ポイント、ツイッターは8.3ポイントそれぞれ上昇した。

利用するSNSは複数回答

首都圏私大3年の女子学生は、就活に関する講座の講師が主催するLINEのグループに参加し、面接やエントリーシートのテクニックを学ぶ。「LINEは友人との連絡で頻繁に確認している。就活のグループでも気軽に質問ができて、通知にもすぐに気づく」

就活生は学生同士の横のつながりだけでなく、企業からの発信を受け止める縦のつながりでもSNSを頼りにしている。

今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
注目記事
次のページ
座談会メンバー募る
今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録