食物繊維を多くとる妊婦 子供の肥満リスク減る可能性

木村教授らはこれまでに、短鎖脂肪酸が腸や交感神経、膵臓(すいぞう)、脂肪細胞にある受容体を介してエネルギー消費を促したり、脂肪の蓄積を抑えることを動物試験で確認しているが、母親の作る短鎖脂肪酸はどのように子どもに影響を与えているのだろうか。それを確認するためお腹の中にいる胎児を調べたところ、「胎児の時点で既に腸や交感神経、膵臓などの臓器に、短鎖脂肪酸のセンサー(受容体)が多く存在することが確認された」(木村教授)という。

胎児の臓器や神経に短鎖脂肪酸の受容体が多く存在しているということは、その子のエネルギー代謝を整えるという意味で極めて重要な意味を持つという。

「胎児は基本的に腸内細菌を持たず、お腹の中では食事もとらない。おそらく、母親の腸内で作られた短鎖脂肪酸、または何らかのシグナルを血液や胎盤を介して胎児が感知するために、胎児期においても既に短鎖脂肪酸の受容体が存在しているのではないか」と木村教授は推測する。

妊娠中の母親が食物繊維を多く食べると、腸内細菌がその食物繊維を分解して代謝し、腸内で短鎖脂肪酸が増える。短鎖脂肪酸は腸管から吸収され、血液にのって母体を巡るが、その一部が、胎盤を通して胎児に直接伝播されるか、もしくは、「短鎖脂肪酸が母体にたくさんある」という何らかのシグナルが胎児に伝わることで、胎児の臓器に、短鎖脂肪酸を受け入れる準備として短鎖脂肪酸受容体が増えるのではないかと考えられている。

実際に、受容体が短鎖脂肪酸を感知して活性化すると、神経や腸、膵臓などの臓器の細胞の分化が促進することも確認された。「これは、母親の食物繊維摂取が子どものエネルギー代謝を整えるだけでなく、胎児期における臓器の発達にも関わることを示唆している」と木村教授は説明する。

これまで、子どもの臓器の発達に影響する栄養素として妊娠中の摂取が重要視されてきたのは鉄や葉酸、亜鉛、たんぱく質などが主だったが、新たに食物繊維も、子の発達形成において重要な役割を担う可能性が示唆されたわけだ。

食物繊維は水溶性と不溶性に大別され、腸内細菌が代謝しやすいのは水溶性食物繊維だ。「この実験で使用したのは、主に水溶性食物繊維。どのような食物繊維をとるのかも胎児の発達には重要といえるかもしれない」と木村教授は話す。

妊娠時に食物繊維を多くとると子どもの肥満のリスクが低下する

妊娠マウスを、食物繊維の少ないエサ(低食物繊維食)、食物繊維の多いエサ(高食物繊維食)、食物繊維の多いエサ+腸内細菌を減らす抗生物質の3グループに分け、生まれてきた子どもの体重変化を調べた。低食物繊維食マウスや抗生物質投与マウスから生まれた子どもは、高食物繊維食マウスから生まれた子どもに比べて明らかに体重増加が多かった。(データ:Science. 2020 Feb 28;367 (6481))

母親のいい腸内細菌を胎児の腸がまねる?!

一方、子どもの成長と腸内細菌の関係に詳しい、東京女子医科大学小児科学講座の永田智教授は、もう一つの可能性についても指摘する。「高食物繊維食を食べた母親の腸で増えた“太りにくい腸内細菌”を、胎児がお腹の中で直接受け継いだことで、子どもの腸で太りにくい腸内細菌叢が形成された可能性もある」(永田教授)

永田教授によると、母親の腸内細菌叢の情報が子どもに受け渡される可能性について研究報告があるという。母親の腸内細菌叢をもとにして「こういう腸内細菌を作っておくとよさそうだよ」と、子どもの腸に定着させる菌を選別する設計図のような情報が受け渡されているという考え方だ。つまり、母親が高食物繊維食を食べることで出来上がった太りにくい腸内細菌叢を、生まれてきた子どもが受け継ぐ可能性があるのだという。

日本人は万年食物繊維不足? 国の目標量では足りないかも

近年、医学界では、「発達過程(胎児期や生後早期)の低栄養をはじめとした様々な環境により、将来の健康と疾病のリスクが決定する」という「胎生期プログラミング説(DOHaD説)」が注目されている。今回の母親の摂取する食物繊維量と生後の子の肥満リスクとの関係の研究も、このDOHaD説を新たに示唆するものといえるだろう。

では、とるべき食物繊維量はどのくらいなのだろう。米国やカナダでは、健康や死亡率との関連調査をもとに算出した食物繊維の摂取目標量は「成人で1日当たり24g以上、できれば14g/1000kcal以上」とされているが、この春、改定された『日本人の食事摂取基準(2020年版)』での食物繊維の摂取目標量は、成人男性で21g以上、成人女性で18g以上と大きくかけ離れている。これは、日本人の場合、平均的な食物繊維摂取量がこの数字と大きくかけ離れていることから、理想的摂取量と平均的な摂取量の中間値を参照した上で制定されたという背景がある。つまり、食事摂取基準で定められた目標量をとっても、まだまだ足りていない可能性もあるということだ。

自身の健康はもちろん、生まれてくる子どもが健やかに育つためにも、妊娠中は日ごろの食事からの食物繊維の摂取を意識して増やすとよさそうだ。

(文 堀田恵美、構成 黒住紗織=日経BP総合研究所上席研究員 ヘルシー・マザリング・プロジェクト、イラスト もり谷ゆみ、グラフ作成 増田真一)

[日経Gooday2020年8月20日付記事を再構成]

木村郁夫さん
東京農工大学大学院農学研究院 応用生命化学専攻 代謝機能制御学研究室 教授。京都大学大学院薬学研究科博士課程修了。米カリフォルニア大学サンディエゴ校客員研究員、京都大学大学院薬学研究科助教などを経て、2019年より現職。全身にある短鎖脂肪酸やケトン体、脂質の受容体の探索と、受容体を介した生理機能の解析などが専門。
永田智さん
東京女子医科大学小児科学講座 教授・講座主任 小児総合医療センター長。順天堂大学医学部卒業。英国クイーンエリザベス小児病院研究員。ロンドン大学大学院博士課程修了。順天堂大学医学部小児科講師、同大大学院プロバイオティクス研究講座専任准教授などを経て、2013年より現職。専門は消化器・呼吸器・膠原病・アレルギーなど多岐にわたる。
注目記事
今こそ始める学び特集