ダ・ヴィンチも心奪われた 12世紀トルコの天才発明家

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

アル=ジャザリの『巧妙な機械装置に関する知識の書』に記されている、水力によってフルートを演奏する自動人形。アル=ジャザリいわく、優しい音色を出して昼寝から起こすよう設計した、遊び心にあふれた「目覚まし時計」だ。トルコ、イスタンブールのトプカプ宮殿博物館所蔵(BRIDGEMAN/ACI)

客人にタオルを差し出すからくり人形、ゾウ使いがゾウの頭を30分毎にたたく水時計、プログラム可能な最初の「ロボット」――。

これらは12世紀のイスラム世界の発明家イスマイル・アル=ジャザリの驚くべき発明品のほんの一部だ。彼の発明品には、大富豪の遊び道具として作られた豪華で色鮮やかな逸品がある一方、揚水機のように、農家の人々がその後何百年も使うような実用的なものもあった。

王の下で100を超える装置を設計

アル=ジャザリは1136年、現在のトルコ南東部に位置するディヤルバクルでつつましい職人の家に生まれた。当時この地域は、十字軍による混乱に加え、様々なイスラム勢力が台頭する乱世だった。

しかし、才気あふれるアル=ジャザリは、一帯を統治していたアルトゥク朝に技術者として仕え、数人の王のもとで100を超える創意工夫に富んだ装置を設計、平和な一生を送った。発明品の記録をほとんど残さなかった当時の他の発明家とは異なり、アル=ジャザリは、自らの成果を文書化し、考案した機械の作り方を説明することに情熱を注いだ。

1206年、彼は、長年にわたり生み出した素晴らしい発明品のカタログを世に送り出した。現在「巧妙な機械装置に関する知識の書」(以下、「知識の書」)と呼ばれるものだ。そこには非常に詳細な図やカラフルなイラストに加え、すべての部品がどう組み合わさっているのかが示されていた。

「知識の書」は、いくつかの写本が現在も不完全ながら残っている。イスタンブールにあるトプカプ宮殿博物館が所蔵する写本はその一つで、芸術的な細部の描写や美しさが高く評価されている。

「知識の書」は、アル=ジャザリに関して現存する唯一の情報源だ。この本では、アル=ジャザリのことをバディ・アル=ザマン(唯一無二で比肩する者のない存在)であり、アル=シェイク(学のある立派な人物)だと称賛する言葉が並ぶ一方、彼には「古代の学者や賢人」に借りがあるという点も述べられている。アル=ジャザリの発明は、ギリシャ、インド、ペルシャ、中国などの古代文明の科学と知恵、過去の発明と学究の成果を結集したものだった。

7世紀、イスラム勢力が急速に拡大した際、支配者たちは征服した地の知識に強い関心を示し、手稿や本を「知恵の館(バイト・アル=ヒクマ)」に収集した。8世紀から9世紀になり、知恵の館はアッバース朝のカリフ(イスラムの宗教と政治の両方の指導者)の下で、図書館兼学究の場として栄える。そしてイスラム黄金時代を迎えると、中世の科学や学問の進歩を支える役割を果たした。

このように恵まれた環境で、哲学や医学、天文学、動物学と共に著しく進歩したのが機械工学だ。イスラムの機械工学は、9世紀のペルシャの発明家バヌー・ムーサー三兄弟をはじめとする傑出した人物たちの手で、他に類を見ない高みに達した。

三兄弟は多くの作品を発表したが、アル=ジャザリは、彼らの「巧妙な装置の書」(「からくりの書」とも呼ばれる)で取り上げられた発明の影響を受けた可能性が高い。また、アル=ジャザリはイスラム世界以外の発明家にも影響を受けた。紀元前3世紀の幾何学者ペルガのアポロニウスなどがその一例だ。

ナショジオメルマガ
注目記事
次のページ
有名な発明品「ゾウの水時計」
ナショジオメルマガ