powered by 大人のレストランガイド

兜町リボーン 証券の街におしゃれなグルメ店が集結

兜町リボーンの一角を彩る、スイーツを連想させるようなビール。アジア初進出のスウェーデンの人気クラフトビール店が提供する
兜町リボーンの一角を彩る、スイーツを連想させるようなビール。アジア初進出のスウェーデンの人気クラフトビール店が提供する

兜町リボーン――。証券の町として知られる東京都中央区日本橋兜町が、グルメの町に生まれ変わろうとしている。7月にはビストロ「Neki(ネキ)」とパティスリー「ease(イーズ)」がグランドオープン。8月にはスウェーデン・ストックホルムの人気クラフトビール「Omnipollo(オムニポロ)」がアジア初進出となるビールスタンド「Omnipollos Tokyo(オムニポロス・トウキョウ)」を出店し、ワインショップの「Human Nature(ヒューマン ネイチャー)」とコーヒースタンド「Stockholm Roast(ストックホルム ロースト)」も開業した。

この地域では2月に複合施設「K5」が誕生している。いずれも独立系の飲食店で、共通しているのは店主の個性が内装やメニューに色濃く反映されている点だ。飲食だけでなく音楽やアート、グッズにもこだわりが感じられる。バブル崩壊から30年。かつてビジネスでにぎわったこの町は、多様な文化が味わえる町として発信力を高めそうだ。

Nekiの「プティポワの冷製スープ」(税別700円)。グリーンピースをベースにオレンジピールの香りが爽やか

東証のほど近くにあるビストロ「Neki」は、渋谷の人気店「ビストロ・ロジウラ」でシェフを務めていた西恭平氏がオープンした店だ。ドアを開けると、活気あるオープンキッチンが開放感を演出し、シェフの私物というレコードの音楽が気分をリラックスさせてくれる。スタッフは皆若く、一人ひとり自分の持ち場できちんと役割を果たしている姿が清々しい。京都出身の西シェフによれば、「ネキ」は関西地方の方言で「そば・かたわら」という意味。身近な存在に感じてもらえるレストランでありたい、との思いを込めた。

忙しいビジネスパーソン向けにホットサンドなどのランチメニューも用意しているが、自然派ワインを楽しみながらの夕食時には女性のグループや若いカップルなどが訪れる。アペタイザーは12種類程度。「プティポワの冷製スープ」はグリーンピースをベースにオレンジピールの香りが爽やかで、素材のうまみたっぷりの濃厚なスープ。使用しているミントオイルは自家製という。

「シマアジのタルタル」はシマアジをオクラやキュウリ、ミョウガのピクルスと組み合わせた夏らしい1品で、発酵トマトのジュースとカツオだしのソース、パセリのオイルとの組み合わせがほのかな酸味を醸し出す。

Nekiの「ホームメイドパスタ」(税別2200円)。うどんのような太麺パスタに驚かされる

驚いたのはホームメイドパスタ。ピーチと呼ばれる麺は手で丸くこねたうどんのような太麺パスタ。これをサルシッチャとドライトマトと共にいただく。メニューは季節によって異なり、多くは二人でシェアできる分量になっている。一人客には量を減らして提供してくれる。パンは中央区東日本橋の「ビーバーブレッド」製だ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド