ナイツ・テイルと帝劇 ミュージカルの力(井上芳雄)第75回

日経エンタテインメント!

井上芳雄です。8月はミュージカルの曲をコンサート形式で歌う舞台が続いています。東京芸術劇場と東京オペラシティでの『ミュージカル「ナイツ・テイル」in シンフォニックコンサート』と帝国劇場での『THE MUSICAL CONCERT at IMPERIAL THEATRE』(以下、帝劇ミュージカル・コンサート)です。ようやく舞台が再開した今、劇場が音に包まれる喜びや高揚感を感じながら、あらためてミュージカルや音楽の力をかみしめています。

『ミュージカル「ナイツ・テイル」in シンフォニックコンサート』(東京芸術劇場:8月10~13日/東京オペラシティ:8月18~22日)キャスト:堂本光一、井上芳雄、音月桂、上白石萌音、岸祐二、大澄賢也、島田歌穂 写真提供/東宝演劇部

2つの公演はもともと今年の夏に予定されていました。でもコロナ禍で実現するかどうか分からなかったし、配信だけになる可能性もありました。そんななかで奇跡的に2つとも幕を開けられて、ありがたい限りです。一方で新型コロナウイルスの感染者が増え、演劇公演の中止も起こっているので、「いつどうなっても、動じないように」と覚悟しながらの毎日です。

『ミュージカル「ナイツ・テイル」in シンフォニックコンサート』は、2018年に初演して、来年再演を予定しているミュージカル『ナイツ・テイル-騎士物語-』のコンサート版。東京フィルハーモニー交響楽団の演奏をバックに、初演の主要キャスト7人が劇中の歌を歌いました。舞台には、僕たち、東京フィル、和楽器と普通のバンド、コーラスの方々と、けっこうな人数がいたのですが、それぞれ間隔を空けたりアクリル板で仕切ったりして、飛沫防止を徹底しました。全員がPCR検査を受けて陰性を確認し、舞台裏には検査を受けた人しか出入りできません。感染防止に細心の注意を払っていましたが、それでも最後まで何があるか分からないと皆思っていたので、初日に幕が開いたときは感無量でした。

僕は7月に日比谷シアタークリエで『SHOW-ISMS』の公演を経験していたので、お客さまがいる光景をすでに見ていましたが、東京芸術劇場の大ホールで、客席の半分とはいえ大勢のお客さまの前に立つのは、中劇場のクリエとは違った緊張感がありました。そしてオーケストラが奏でる音に包まれたとき、涙がにじんでしまいました。実際に会場にいて、その瞬間に演奏しているからこそ、音に包まれながら歌える。今それができるのは、本当にぜいたくなことだし、生音の豊かさはリモートでは味わえないものでした。

ミュージカルのコンサート版というと、ただ歌をつないでいったり、ストーリーテラーが話を進めたりする形式が多いと思います。ところが今回、演出のジョン・ケアードが書いた脚本は、7人がずっと舞台にいて、出番が来ると前に出て、セリフを交えながら物語を語って、それぞれの曲を歌うというもの。衣裳やセットがないだけで、ほとんどそのまま劇中のセリフを言うし、ディスタンスを取りながらではあるけど、動きや振りもある。2時間休憩なしのノンストップで舞台に居続けるのは集中力が必要で、けっこうハードな舞台でした。ジョンは「台本を持って、読んでもいいよ」と言ってくれましたが、何かを持って演じるのもやりにくいので、最終的には全員がセリフを覚えました。

堂本光一君とのセリフのやりとりが、途中でフリートークに変わる場面もあります。導入と終わりは脚本通りで、途中のトークは任されました。「2人ならいくらでもしゃべれるよね」という感じなので、打ち合わせなしで毎回違うネタを話しました。光一君がきっかけをくれて、僕がそれに合わせます。今の気持ちとか、今日はどんなだったとか、光一君と僕のことだけじゃなく、岸祐二さんや上白石萌音ちゃんをいじったりとか。みんな仲がいいので、やれることがたくさんあって楽しい時間でした。

演出のジョンはロンドン、音楽監督のブラッド・ハークはニューヨークなので、稽古はリモートでした。稽古場に大画面のモニターが置かれ、ジョン、ブラッド、キャスト、舞台で使う映像などが分割されて、全部見られるようになっていました。ジョンの奥様で日本語脚本・歌詞の今井麻緒子さんが通訳として稽古場に入り、ブラッドの通訳さんもいます。すごく手間がかかっていたのですが、始まってしまえば、ジョンは稽古場の端までちゃんと見てくれて、「内側に2歩入ってください」とか「このセリフはこう言ってください」と普通に演出していました。リモートでも問題なく稽古できるなと思いました。

ブラッドも「ベースの人の3拍目をもっと強くしてください」とか、細かいリクエストを出してましたね。和楽器とバンドは稽古の最初から入っていて、オーケストラが加わった稽古も何日かありました。リモート稽古ができたのは、一度公演していた作品というのと、お互いの信頼関係が大きいとは思いますが、海外からのスタッフが来日できて一緒に創ったとしても、それほど変わらない形になったのではないかと思います。

ジョンは「物語を伝えたい」と言っていました。コンサートだから音楽を楽しんでもらうのはもちろんだけど、物語の中の音楽なので、それをしっかり伝えるようにと。そして、キャスト自身が「楽しんでほしい」とも。コンサートは、歌っている役柄と本人が入れ替わったり、透けて見えたりするのが面白いところだから、「自由にやっていいよ」と。ジョンは役者が生き生きと演じているのが好きだと思うので、僕も率先して思いついたことや前の日と違うことをやってみたりしました。ジョンがもうひとつ強調していたのは、「お客さまが、今の状況のなかでも来てくださったからこそ成立することだから、感謝をしっかり伝えてほしい」ということ。それは僕も同感でした。

新曲も披露しました。光一君のアーサイトが歌う『贈り物』、僕のパラモンが歌う『悔やむ男』、ラストに全員で歌った『次は?』の3曲です。『悔やむ男』はパラモンが萌音ちゃん演じるフラビーナへの思いを歌う曲。初演のときの『後ろめたい男』がもっと長い曲になったもので、彼が何に苦しんでいるかがより伝わるようになったと思います。

注目記事
次のページ
東宝ミュージカルの祭典でMCの大役
今こそ始める学び特集