奈緒 製造中止のネガフィルム3本、撮るのは大切な人

数々の話題作に出演し、注目を集める女優の奈緒さん
数々の話題作に出演し、注目を集める女優の奈緒さん

「半分、青い。」や「あなたの番です」などのドラマで注目を集め、今年は映画『事故物件 恐い間取り』などで活躍する女優の奈緒さん。「限りあるものになってしまった」というお気に入りのものは、富士フイルムの高感度ネガフィルム「NATURA 1600」だ。

3本のフィルムが気付かせてくれたもの

「私は写真撮影が趣味で、フィルムカメラを普段から使っているんです。いろいろあるフィルムのなかで、ずっと好きで使っていたのが『NATURA 1600』。感度がいいので暗い場所でも鮮明な写真が撮れるし、なんだか懐かしい雰囲気が出るところが好きで。『写ルンです』に似た『シンプルユースフィルムカメラ』(ロモグラフィー)というカメラ(編集部注:フィルム交換が可能なレンズ付きフィルム)に入れて愛用していました」

奈緒さん私物のネガフィルム「NATURA 1600」

「それが2年前に、急に販売中止になってしまって……。以前は何も考えずにたくさんシャッターを切っていたんですけど、限りあるものになってしまったので、大事に使わざるを得ない。残っている3本を、『どこで使おうかな』と考え続けています。

もちろん、ネットオークションなどで、探せば入手できるとは思うんですよ。私もこの3本がなくなったら探すでしょうし。でも、手に入らなくなって改めて『1枚1枚を大切に撮る』という初心に返れましたし、『もっとうまくなりたい』と思うようにもなりました。今は、もう少し上手になって、誰か大切な人を撮る時に使いたいなと思っています」

デジタルカメラも持っているという奈緒さん。最近では、来年公開予定の映画(『君は永遠にそいつらより若い』)で共演した女優・佐久間由衣さんを撮影したという。

「由衣ちゃんは同い年ということもあって、撮影現場でも撮っていましたし、プライベートでご飯に行く時も撮ったりしていて。ものすごく自然な笑顔を収められたんじゃないかな? 自分の撮った写真の中でも、最近の一番のお気に入りです。

普段は撮られることが多い仕事ですが、写真を撮るようになって、撮る人の気持ちが分かるようになりました。コミュニケーションするにも良くて。今、カメラのキタムラさんなどで頼むと、自分のフォトブックを作れるんですよ。それで仲の良いスタッフさんのお誕生日に写真集を作って贈ったり、ポストカードを作って、お手紙を書いたりもしています」

手元に残っている3本のフィルムは「誰か大切な人を撮る時に使いたい」と話す奈緒さん
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
ホラー映画の現場でもらった「魔よけ」
MONO TRENDY連載記事一覧