スポーツウエア並みの機能性、しかもスタイリッシュ

《トライアーノ》 イタリア、ミラノを拠点とするトライアーノは、スポーツウエアやランジェリーなどの生地生産を手掛ける老舗メーカーから生まれた新鋭ブランド。特許をとったハイテク素材を使ったシャツは、ストレッチ性が高く実に快適です。創業者のフィリッポ・コルナギ氏は、この素材のジャケパン、シャツでなんとモンブラン登山に。ユニークなプレゼンでこの素材の高機能性を印象づけました。

けれど、このブランドの優れた点はハイテク一辺倒ではなく、シャツとしての美しさも追求している点です。

オックスフォード生地の風合いまで表現したプリント。その技術には驚くばかり 税別27,000円/トライアーノ(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)

近づいても布はくのオックスフォード生地にしか見えないですが、実はこれはプリント。高い技術を持ってして、布はくの風合いまでも感じさせ、実にシックな質感に見えます。しかもサルトリアの技術で丁寧に仕立てられ、襟、型、袖周りなどのディテールまでもスタイリッシュで、「本当にハイテク?」と思うほどの美しさ。イタリアならではの耽美主義と、ハイテクが出合ったからこそ生まれた、楽すぎ、ダンディーすぎな一着は、女性のお眼鏡にも十分かない「…在宅でも隙なしさん」と、恋のゴンドラを一段階アップします。

これだけ伸びる、でもドレッシー

さらにこちらのハイテク素材は速乾性が高く、ノーアイロンで着られるため、さっくり洗って干しておけば、短時間で即着られる便利さも。出張、もしくは暑い日のゴルフの行き帰りの装いなどにも実に使えるのです。ハイスペックな機能とスタイリッシュさを持ち合わせたトライアーノのシャツ。一着は持っているのはできる男の「あ・か・し」ですよ!

清水久美子
ファッションディレクター。大学卒業後、銀座和光を経て、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)入社。25ans(ヴァンサンカン)編集部で活躍後フリーとなり、ラグジュアリーなスタイルを得意とするスタイリストに。男性向けスタイリングの提案、商品企画も手がける。

SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram