抜群のストレッチ性 テレワークでも重宝

ナイロンショーツといえばアウトドアのイメージが強いが、FACYに寄せられた投稿には「自宅で快適に過ごせるショーツ」を探す声も見られた。

「当店でも、機能性やはき心地を重視して探される方が多くいらっしゃいます」と語るのは、熊本の「ORANGECOUNTY(オレンジカウンティ)」オーナーの大島隆氏。melple(メイプル)の一本を紹介してくれた。

高い縫製技術が求められる特殊なストレッチ素材を用いた「トムキャットリラックスショーツ」。やや細身のシルエットながら、窮屈さのないはき心地を実現。軽量かつ小さく折りたためるので、旅行にも持っていきやすい。melple / トムキャットリラックスショーツ 1万2100円(税込み)

「どの角度にも伸縮する『4WAYストレッチ素材』を使用したパンツです。とにかく軽いので、はいていることを忘れてしまうほど。それでいてシルエットは細身でスタイリッシュ。ラフな印象にならないので、テレワークで使っているお客様もいらっしゃいますよ」

これには、ややくすんだ黒のような色味の「チャコール」と「ネイビー」の2色がある。

「どちらのカラーも使い勝手がいいのですが、ネイビーは特に他のアイテムと合わせやすいと思います。コーディネートするなら、グレーのTシャツや長袖のシャツと合わせて、大人らしくまとめるのがいいかと。足元は白のスニーカーでまとめると、爽やかで夏らしいですよ」

どの方向にも大きく伸び縮みする「4WAYストレッチ素材」を使用
足元を白でまとめて爽やかな印象に

充実のディテールが男心をくすぐる一本

渋谷にある「ZABOU(ザボウ)東京」の大井勇人氏にも話を聞いた。「例年に比べても売れ行きがいい」として紹介してくれたのは、MOCEAN(モーシャン)の「バリアーショーツ」だ。

前面には4つのポケットと小さなペンポケットがあり、背面には2つのポケットを配置している。ウエスト部分はゴム入りで、ベルトループも搭載。長めのベルトを垂らして、着こなしのアクセントにするのもおすすめだそうだ。MOCEAN / バリアーショーツ1万5180円(税込み)

「Patagonia(パタゴニア)やSIERRA DESIGNS(シエラデザインズ)など、名だたるアウトドアブランドの生産を過去に請け負っていた工場によるブランドです。今でも消防士や自衛隊のユニフォームなどを手がけています。やはり質の高さに注目してほしいですね」

ゴム仕様のウエストはベルトループ付き
股下は180度開脚が可能なガゼットクロッチを採用

SPINNER BAIT(スピナーベイト)のリネンシャツと合わせた例

「ポケットが合計で6つも付いているなど、シンプルなナイロンショーツとは一線を画すデザインも人気の理由です。『この複雑な構造に男心をくすぐられた』と話すお客様も多いです」という。

また、大井氏はナイロン素材のアイテムをコーディネートする際のテクニックも教えてくれた。

「人工的なイメージのナイロン素材と対比させるように、天然素材を用いたアイテムを合わせてみましょう。例えば、トップスにリネン素材の長袖シャツを羽織る、という着こなしですね。その際、足元はレザー素材のサンダルを合わせると、より上品にまとまると思います」

文:FACY編集部 山梨幸輝(https://facy.jp/)


SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
GIFT SPECIAL 2021
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram