Z 5の描写は伸びやかで美しい。有効画素数2432万画素フルサイズCMOSセンサーと高性能画像処理エンジン「EXPEED 6」の組み合わせの恩恵だろう。爽やかな色合いとシャープな写りが心地よい
グリップが握りやすくEVFも見やすいのでとっさの撮影でも失敗がない。フォトグラファーが思ったとおりのイメージをそのままキャプチャーできる印象だ。レスポンスも上々でテンポよく撮影できた
フルサイズCMOSセンサーはメリハリのある絵を提供してくれる。ハイライト部からシャドー部までクリーンな描写で好感が持てる。「NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3」も沈胴式レンズとは思えないカッチリとした写りをしてくれるので驚いた
Z 5とNIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3の組み合わせは素晴らしく軽快だ。バッテリーのもちもよく、SDカードを2枚装着できるので、いつまでもどこまでも撮影を続けられそうな感じがするほど。出荷前の試用機での撮影だったがさまざまなシチュエーションで美しい写真を撮ることができた
NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3とのレンズキットは実売20万円程度という戦略的な価格が設定されている。撮影できる写真を見るとバーゲンプライスと感じる。これは東北のある湖のカットだが、実にリアルなイメージをキャプチャーできた