秋冬ファッションはクラシック回帰 質感でアレンジも宮田理江のおしゃれレッスン

2020-21年秋冬シーズンのファッショントレンドは「クラシック回帰」
2020-21年秋冬シーズンのファッショントレンドは「クラシック回帰」

2020-21年秋冬シーズンのファッショントレンドは、「クラシック回帰」の流れが強まりそうです。心配事の多い世相を受けて、正統派レディーの装いが復活。そこに身を守る「プロテクション」意識や現代的な使い勝手、多様性のニュアンスを盛り込むのが新コーディネートのポイントです。愛着の持てる服を長く大事に着る傾向が強まり、「トレンドに流されないというトレンド」が台頭するのも新シーズンの傾向です。

古典的な装いに、ボリュームやひねりをプラス

ノスタルジックで貴婦人ライクな雰囲気で着こなして

クラシック回帰の傾向が強まるのは、2020年秋冬で最大級の変化です。ただし、単に古風な装いをリバイバルさせるのではなく、ボリュームや質感などで現代的なアレンジを交じり合わせるのが目新しい工夫。懐かしげなムードとモダンなひねりが同居する「違和感スタイリング」が見どころになります。

「Michael Kors Collection(マイケル・コース コレクション)」は、肩を覆うケープを思わせるような、たっぷりした量感のニットセーター姿を披露。「きちんと感」を帯びたプリーツスカートは、シルバーメタリックで彩り、まばゆい光輝をまとわせました。ロングブーツが復活するのも、新シーズンの目立った動き。全体をグレートーンでまとめて、穏やかなリラックス感を醸し出しています。

白シャツの襟元と袖先をのぞかせて凜(りん)としたムードに

英国の伝統的なチェック柄は、正統派イメージを寄り添わせます。クラシックのトレンドが盛り上がるのを受けて、異なる大きさのチェック柄同士で合わせる提案です。アイテムの面では、上半身を包み込むマント系のアウターがカムバック。風になびく優美なシルエットがレディー気分を呼び込みます。短冊状のフリンジ(房かざり)の裾が揺れるスカートで動きを加えれば、いっそう軽やかに仕上がります。

(画像協力)
マイケル・コース ジャパン  https://www.michaelkors.jp/
注目記事
次のページ
レディー気分に手仕事ディテールと異素材感をミックス