服はサイズが命 「年齢相応のたたずまい」は上質からメーカーズシャツ鎌倉社長 貞末奈名子さん(下)

――きちんとした服をぴったりのサイズで着る。当たり前のようでいて、なかなか実行できないという人もいます。

「やはり一度はお店に足を運んでいただきたい。父が時々、お店に突然現れて、お客さんのサイズを測っては間違いを指摘していました。襟は本来指1本くらい入るのがちょうどいい。父にはそうしたこだわりがありました。今の日本では指2本以上の余裕がないとみなさん、きついきついと言いますが。会長にとっては『問答無用』(笑)。プロに学ぶとはそういうことです。最初は面倒くさがらずに勇気を出して、自分の本当のサイズを見てもらったほうがいいですよ」

「父は突然接客して、お客さんのサイズを測り『あなたにはこれ』と問答無用で買わせてしまう(笑)」

「自分の服が空間をつくる」を意識

「服装を整えると確実に見た目は変わります。うちの提案はファッショナブルとまではいかなくても、万人受けするおしゃれを楽しむお手伝いができます。最初の一歩としては向いている会社なんです。商品は安心・安全。そうしてファッションを好きになれば、次はどういったものをどういったシーンで着ようか、となる。Tシャツとジーパンばかりだった人が、仕事での格好にもう少し気を使いたいな、アドバイスがほしいなと思った時の、選択肢の1つになりたいです」

――人生100年時代といわれ、長く働く人も一段と増えます。装いはさらに大事になりそうです。

「男性も女性も年齢に合ったたたずまいがあります。年をとるほどに上質なものを着なくてはいけない、というのには理由があります。若い人はその人自体が美しいので安物でもカバーできますが、年を重ねて見た目が衰えるほど、逆に服装に助けられるからです。日本のおじさまたちの中には、おなかがでて、頭髪も薄くなって、もう格好なんていいや、と思う方もいますけど、そういう方ほどきちんといいものを着ると、それなりにすてきに見えるもの。イタリア人はまさにそうです」

「母は介護施設にいますが、朝起きるとパジャマから普段の服に着替えて、ダイニングでお食事を取っています。ちょっとした日常の場面場面で、着るものでメリハリをつけることはすごく大切。この格好ならこれをする、という風に自分自身をチェンジするきっかけが、お洋服だと思うのです。それが生活を彩る要素の一つになります」

――一人ひとりの服装は、周囲の雰囲気を創り出す役割も担っています。

「レストランで食事をする人たちが身ぎれいで、きちんとしていれば、空間全体の格が上がります。自分たちもそんな役割を担っているということを意識する。そして、いいモノを着たり持ったりしていると、それなりの扱いを受けるのは確かなんです。私も自分はたいした人間ではありませんが、モノに助けられるということがあります。大切に扱ってもらえたらうれしいので、出かけるときはいいものを持つようにしています」

母が使っていたエルメスのバーキン。「いいものを持っているとたいした人間でなくても大切に扱ってもらえることがあります。母に助けてもらっている感じです」

「気を使えば誰しも、それなりに見えるようになる、というのがファッションの面白いところです。私たちは、上質なものを日常の中に取り入れてもらいたい、という思いがあって、この品質と値段で商品を作っています。いいものを体験して、その時にみえる自分が、相手にどういうインパクトを与えるのか、ということを体感してもらう。すると、洋服への興味が湧いてくる。うちの商品を着たら、必ずそうなる、という自信があります」

(聞き手はMen's Fashion編集長 松本和佳)


SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2020
GIFT SPECIAL 2020
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2020
Instagram