五輪延期を跳ね返す 4K8Kテレビ販売、事前予測を突破大河原克行のデータで見るファクト

4K8Kテレビの販売が好調だ(ビックカメラ有楽町店)
4K8Kテレビの販売が好調だ(ビックカメラ有楽町店)

高精細の4K8Kテレビ市場が活況を呈している。民放などでつくる放送サービス高度化推進協会(A-PAB)の調査では、新4K8K衛星放送が視聴可能な機器の累計出荷台数は、2020年6月末時点で476万7000台に達した。月別では、20年4月は前年同月比1.8倍の21万5000台、5月は2.1倍の24万4000台、6月は1.8倍の36万5000台と好調に推移。特に6月は単月の出荷台数としては、過去3番目を記録した。延期となった東京五輪・パラリンピックの延期に伴う需要減を、新型コロナウイルスの感染拡大による「おうち時間」需要の高まりがカバーする格好だ。

新4K8K衛星放送・視聴可能機器台数の月別推移(出所:放送サービス高度化推進協会)

4K8Kテレビは7月も順調な売れ行きを示している。全国の家電量販店や電子商取引(EC)サイトのPOS(販売時点情報管理)データを集計しているBCN(東京・千代田)によると、7月の4Kテレビの販売台数は、前年同月比29.5%増だったという。A-PABから正式な数字が発表されるのは8月末を待たなくてはならないが、7月末時点で4K8Kテレビの累計出荷台数は500万台を突破した可能性が高い。

実は、「累計500万台突破」という数字には大きな意味がある。それはA-PABが従前、東京五輪が開催されるはずだった20年7月の普及予測台数として掲げていた数値だからだ。

テレビ販売において、世界的なスポーツイベントの開催は、大きな起爆剤になる。特にオリンピックの影響力は非常に大きく、自国開催となる東京五輪・パラリンピックにテレビ業界は大いに期待していた。

それだけに東京五輪・パラリンピックの開催延期は、当初、テレビ販売に大きなダメージを与えると見込まれていた。ところが、マイナスの予測とは裏腹に、4Kテレビは好調な売れ行きを示した。A-PABの相子宏之理事長は、「東京五輪・パラリンピックの開催が1年延期となり、販売台数の落ち込みが懸念されたが、テレビ視聴時間増加などの影響のためか、結果として順調に普及が進んでいる」と振り返る。

注目記事
次のページ
「おうち時間」需要と給付金で加速
今こそ始める学び特集