印度カリー子さん スパイスに秘められた減量の極意ダイエットに成功した人の秘密(下)

日経ヘルス

日経ヘルス

東京大学大学院での香辛料の研究をはじめ、さまざまな分野でスパイスの普及に努めるスパイス料理研究家の印度カリー子さん。スパイスカレーに秘められた、ダイエットを必ず成功させる「大切な極意」について教えてもらいました。

「ダイエットを成功させる極意は、カロリーや量は控えめでも脳がしっかり満足感を得られる食事をとること。料理の味はもちろん、香りや色、食感、そしゃく音など五感をフルに使って食事に集中すると、腹八分目程度で十分に満たされるのを感じます。『食べたけれど何か物足りない』『もっと食べたい』といったダイエット中にありがちなストレスがなくなり、余計なカロリー摂取を自然とセーブできるんですよね」

そう話すスパイス料理研究家の印度カリー子さんは、10代前半頃から後半まで食べ過ぎによるぽっちゃり体形に悩んでいたそう。

「いつもただ漫然と食事をしていて、『きちんと味わう』ということができていませんでした。結果、お腹はもう十分満たされているのにだらだらと食べ続けてしまったり、食後のデザートが欠かせないといった悪循環に陥っていたんです」

「おいしくやせる! 簡単スパイスカレー」(青春出版社)

そんなカリー子さんの食習慣を大きく変えたのが、19歳のころに出会ったスパイスカレー。

「カレー好きの姉のために、さまざまなインドカレーのレシピを参考に作り始めたのがきっかけでした。

単体では個性が強いと感じるようなスパイスも、複数組み合わせるとよく知っているカレーの香りになるのが最初は驚きでしたね。おいしいのはもちろんですが、自分で作って味わうたびに新鮮な発見や感動がある。そうした脳への刺激がさらにいっそう食事の満足度を高めてくれるんだ、ということを知ったんです」

ただし、本場インドのカレーのレシピは基本的に油の量が多め。油っこい料理が苦手なカリー子さんは、使用する油の量を抑えた独自のレシピを考案。1食100kcal以下でも「満足度の高い」カレー3種を教えてもらった(次ページ参照)。

「代謝を上げたり発汗を促す作用などで知られるトウガラシのカプサイシンをはじめ、スパイスの効能についての研究も進んでいます。実際、スパイスカレーを食べた後に運動すると『脂肪が燃えている』実感がものすごく得られるんです。体を動かすこともどんどん楽しくなる」

1日1食のスパイスカレーに加え、食後のランニングも習慣になり、約1年半で7kgの減量に成功。「太りにくくなり、常に体を良い状態に保つことができるようになりました!」。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
1食100kcal以下「満足度の高い」カレー3種レシピ
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント